APCジャパン、データセンタ内に水を持ちこまない水冷装置を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


APCジャパン、データセンタ内に水を持ちこまない水冷装置を発売


掲載日:2009/02/04


News

 株式会社エーピーシー・ジャパンは、データセンタやサーバルームのIT機器から発生する熱を、室内に水を持ちこまずに冷却水または冷水を用いて効率的に冷却する水冷リモートコンデンサユニット「Water-Cooled Condenser for InRow RP DX」(水冷コンデンサ)を、発売した。

 「水冷コンデンサ」は、ラック列単位で冷却を行うモジュール式の局所冷却装置「InfraStruXure InRow」シリーズの冷媒式の冷却装置「InfraStruXure InRow RP DX」と併用して利用するリモートコンデンサユニット。冷却水と冷水を利用する2つのモデルが用意されている。「InRow RP DX」が吸い込んだIT機器の発熱を冷媒管を通じてデータセンタ室外に設置した「水冷コンデンサ」まで送り込み、「水冷コンデンサ」に供給される冷水または冷却水で冷却する。

 これにより、“水配管をデータセンタ室内に持ち込みたくないため冷水方式の冷却装置を利用できないが、データセンタのグリーン化は推進したい”/“データセンタ、サーバルームを設置するビルに室外機設置に関する制限があるため、室外機を設置できない”などの課題に対処することができる。また、「InRow RP DX」に室外機を利用する冷媒式に比べ電力コストを最大約40%削減することができる。なお価格は、冷却水モデル「WCC100CD」が752万4510円、冷水モデル「WCC100CW」が733万5510円(いずれも室内ユニットとのセット価格、税込)となっている。


出荷日・発売日 2009年2月2日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024933


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ