BBS、Exchange/SharePoint利便性向上ツールの第2弾を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BBS、Exchange/SharePoint利便性向上ツールの第2弾を提供


掲載日:2009/02/04


News

 株式会社ビービーシステム(BBS)は、Microsoft Exchange Server 2007/SharePoint Server 2007の利便性を向上するツールの第2弾として、「予定表インポート/エクスポートツール」/「空き時間検索ツール Outlook 2007アドイン」/「未読情報管理リスト」の3ツールをセットにした「Office Power Up Kit Vol.2」の提供を、開始した。

 「予定表インポート/エクスポートツール」では、Exchange Server 2007上の予定表データをエクスポートできるほか、CSV(カンマ区切り)形式のデータを予定表/メールアイテムとしてインポートすることができる。これにより、Exchange Server 2007から予定表を出力しSharePointサイト上でレポート表示することや、他のグループウェアからExchange Server 2007への予定表移行が可能となる。

 「空き時間検索ツール Outlook 2007アドイン」では、Outlook 2007上で設定時間や条件などを入力して空き会議室(Exchange Server 2007上のリソースメールボックス)を検索し、会議出席依頼に入力することができる。「未読情報管理リスト」は、SharePointサイト上で公開されている情報の未読/既読状態を利用者ごとに把握できるツールで、通達などポータル上で公開した情報の未読状況を確認でき、未読ユーザのみにメールで通知することもできる。

 製品本体を同社のWebサイトで無償ダウンロードできるほか、サポートや導入支援などの有償サービスも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 Office365導入支援サービス 【マイクロメイツ】 元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件 【KDDI】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 ナレッジを生かした多彩なサービスメニューにより、Office365および関連製品の導入を支援。マニュアルや教育コンテンツの作成、教育・サポートといった定着支援に強み。 徹底解説:企業向けチャットツールを安全にカッコよく使う方法

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024928


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ