インサイトテクノロジー、DB監査ツールの他社製品連携などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インサイトテクノロジー、DB監査ツールの他社製品連携などを強化


掲載日:2009/02/03


News

 株式会社インサイトテクノロジーは、情報資産の安全性を確保するためのDB監査ツール「PISO」で、他社製統合ログ管理システムとの連携などを強化した新版「PISO 4.1.1」を、出荷した。価格は、最小構成で460万円からとなっている。

 「PISO」は、DBへのアクセスを記録し、不正アクセスを警告することで企業の情報資産を守るDB監査ツール。“Direct Memory Access”技術により、パフォーマンスを維持して監査することができる。監査証跡となるアクセスログを迅速に追跡できるため、情報が安全に扱われていることを証明でき、情報漏洩やセキュリティに関する問題が発生した場合でも早期の原因究明を可能とする。また、情報漏洩やデータ改ざんの防止機能を備え、内部統制や日本版SOX法などのコンプライアンス要件に対応した、監査のためのレポート作成を可能とする。

 今回の新版では、同製品で取得したログのフォーマットをカスタマイズすることで他社製品へ容易に取り込み可能となるほか、外部サーバ連携機能がFTP転送に対応した。これにより、連携可能な統合ログ管理製品が拡大し、より容易な運用が可能となる。また、Webアプリケーションが国際化に対応し、インストール時に選択可能な英語版を利用することで、表示言語を日本語/英語/中国語から選択することが可能となった。

 大量のアクセスログに対する検索処理の最適化により、マイニングサーチ(時間/行動/人など様々な条件からの絞り込み)が高速化された。また、AIX 6.1/Oracle Enterprise Linuxに対応したほか、HP-UX 11iの“メモリーウィンドウ”(一部のアプリケーションのパフォーマンスを向上させる機能)に対応した。


出荷日・発売日 2009年1月30日 出荷
価格 最小構成:460万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024919


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ