ウイングアーク、データ活用製品の可視化インターフェースを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウイングアーク、データ活用製品の可視化インターフェースを強化


掲載日:2009/02/02


News

 ウイングアークテクノロジーズ株式会社は、業務で蓄積されるデータの集計/分析が可能なデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」で集計したデータを可視化するインターフェースの機能強化版「Dr.Sum EA Datalizer Ver3.0SP1」と、チャートによるデータ分析が可能なOLAPツール「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart」を、出荷した。

 「Dr.Sum EA Datalizer Ver3.0SP1」では、Webの集計画面のアイテム配置(集計ボタン/抽出条件/集計表/チャートなど)を自由に決定でき、運用シーンに適したWeb画面を容易にレイアウトすることができる。また、集計結果表のレイアウト追加や、明細での文字の折り返し表示、スクロール対応、集計項目のパターン化など約50種類の機能強化により、操作性/表現力の向上が図られている。

 シリーズ製品の「Dr.Sum EA Datalizer Expert」(Webブラウザ上とExcelインターフェースによるデータ集計分析と、集計結果のPDF出力が可能な製品)では、“クロスマップ集計”により、2つの集計を特定のキー項目により結び付けて表現することができる。例えば、2007年来店者集計/2008年来店者集計の2つから、顧客コードのキーを基に集計結果を1つの表に再構成し、来店者の推移などを比較分析することができる。これにより、顧客の行動分析や、リピート分析などに利用することができる。

 「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart」は、「Dr.Sum EA Datalizer」と組み合わせて利用し、簡便なマウス操作で動的なチャートレポートを作成できるOLAPツール。チャート上のマウス操作で、様々な視点でデータを可視化できるため、数字だけでは気がつきにくいデータの変化を把握し、新たな“気づき”をもたらすことができる。なお「MotionChart」の稼働には、クライアントにFlash9以降が、サーバにAIR(Adobe Integrated Runtime)1.5ランタイムが必要となる。


出荷日・発売日 2009年1月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】
BI BI BI BI BI
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024901


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ