日商エレ、BPMの新版を発売、ワークフローエディションも追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、BPMの新版を発売、ワークフローエディションも追加


掲載日:2009/01/28


News

 日商エレクトロニクス株式会社は、米Savvion,Inc.が開発したBPMソリューションの新版「Savvion BusinessManager7.5」を、発売した。

 「Savvion BusinessManager」は、UNIX/Linux/Windowsサーバなどマルチプラットフォーム環境で稼働するBPMソリューション。今回の新版では、プロセスモデリングで、プロセス定義を表形式から業務フロー図に変換することや、Microsoftのプロジェクト管理ツール「Microsoft Project」とのシームレスな連携が可能となった。設計/開発では、新たなビジネスルールエンジンの採用により現場担当者でもルール変更が可能となったほか、Web 2.0のウィジェット(小さなプログラム)に対応し、リッチな画面開発に対応可能となった。

 サーバ/ポータルでは、監査履歴機能/アラート機能や、システムカレンダー/パスワード妥当性チェック/ログビューワ機能が強化されたほか、ダッシュボードもWeb 2.0のウィジェットに対応し、グラフィカル機能が強化された。また、EMC社の「Documentum」ファミリやオープンソースの「Alfresco」などのECM(企業向けコンテンツ管理システム)との連携も強化された。

 「BPMエディション」に加え、日本市場限定の「ワークフローエディション」が用意されている。「ワークフローエディション」にプロセスモデラーやビジネスルールエンジン、BAM(ビジネスアクティビティモニタリング)などのBPM用モジュールを追加することで「BPMエディション」へアップグレードすることができる。また、人事/総務/経理や情報システムなどの申請/承認ワークフローテンプレートが3月より発売され、開発/導入コストの削減と導入期間短縮を可能とする。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

コラボフロー 【コラボスタイル】 基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】 大手・中堅向けワークフロー AgileWorks(アジャイルワークス) 【エイトレッド】 契約管理はペーパーレス化と業務効率化を同時に進める 【エヌシーアイ総合システム】 パソコン決裁 DocGear 3 クラウド 【シヤチハタ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
Excel帳票をデザインしてWebフォームに変換。申請経路をパズル感覚で簡単設定し、1申請書類から運用が可能なワークフロー。充実の連携パーツで様々なシステム連携も可能! 基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。 組織改変・人事異動に強いワークフロー。人事システムとの密な連携が可能。高度なフロー制御をもつことで、社内の意思決定プロセスをすべてフロー化することができる。 「e-文書法」対応の鉄則、契約管理はペーパーレス化と業務効率化を同時に進める 承認フローを電子化し、業務を効率化するクラウド版のワークフローシステム。承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024858


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ