マクニカネットワークス、SSL-VPNを緊急時のアクセス急増に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マクニカネットワークス、SSL-VPNを緊急時のアクセス急増に対応


掲載日:2009/01/27


News

 マクニカネットワークス株式会社は、米ジュニパーネットワークス製のSSL-VPNリモートアクセス製品「Secure Access」シリーズで、緊急時の同時アクセス急増に対応可能とするBCP(事業継続計画)オプション「ICEライセンス」(ICE:In Case of Emergency)を、2月1日より出荷する。

 「Secure Access」シリーズは、安全で安定的なリモートアクセス環境を提供するSSL-VPNアプライアンス製品。ワンタイムパスワードや電子証明書などとの連携により認証を強化できるほか、検疫機能によりセキュリティポリシーを満たさない不健全な端末からのアクセスを拒否/制限することができる。また、同時接続10ユーザから数万ユーザに対応できる様々な製品ラインアップが用意され、優れた集約性/拡張性により、ITへの投資収益率を向上させることができる。

 今回発売される“ICEライセンス”は、パンデミック(感染症/伝染病の世界的大流行)や災害などの緊急時でも、リモートアクセスにより事業継続を可能とするためのオプションライセンス。同時接続ユーザ数を、機器がサポートする最大まで拡張でき、ライセンス有効化/無効化の切り替えによる利用が可能で、必要な時に、必要な期間のみ使用することができる。有効期間は累積使用で8週間で、有効期間満了まで複数年にわたって利用可能な“買い切り/使い切り”ライセンスのため、オプション追加による保守費用は不要となっている。また、資料共有やチャット機能を備えたオプション機能“Secure Meeting”も利用することができる。

 同ライセンスを導入することで、通勤が不可能な事態が発生した場合など、社外からのリモートアクセスが急増する緊急時のみ、接続可能なユーザ数を迅速に拡張でき、社員は職場と同様に社内リソースにアクセスし、業務を継続することが可能となる。システム管理者は、必要な時のみ同ライセンスの機能を有効化でき、柔軟/有効に活用することができる。更に、通常時はリモートアクセスユーザのライセンスを必要な数のみに限定できるため、保守にかかるコストも抑えることができる。


出荷日・発売日 2009年2月1日 出荷
価格 お問い合せ下さい

「マクニカネットワークス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「リモートアクセス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リモートアクセス」関連情報をランダムに表示しています。

「リモートアクセス」関連の製品

セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】 リモートアクセスサービス OneOffice スマートコネクト 【TOKAIコミュニケーションズ】
リモートアクセス リモートアクセス
3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。 インターネットを使って、社外のモバイルPCやタブレットから、
オフィス内PCを遠隔操作する、日額従量課金制のリモートアクセスサービス。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024850


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > リモートアクセス > リモートアクセスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ