SCS、ERP「ProActive E2」を仮想化ソフト「Oracle VM」に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCS、ERP「ProActive E2」を仮想化ソフト「Oracle VM」に対応


掲載日:2009/01/22


News

 住商情報システム株式会社(SCS)は、ERPパッケージ「ProActive E2」を稼働させる環境の1つとして仮想化ソフト「Oracle VM(Ver2.1.2)」に対応させ、ERPパッケージ稼働のためのサーバ環境を最適化する「仮想化ソリューション」の提供を、開始した。

 「ProActive E2」は、グループ会社対応や自動仕訳、様々なセグメント、データ参照権限や利用可能メニュー制限などのセキュリティ、統制機能、伝票の承認ワークフローを標準機能として備え、企業の経営を支援するシステム基盤を提供するERPパッケージ。将来的なシステム範囲の拡大を可能とするファミリー製品群「ProShop」により、周辺業務を含めた業務改善を可能とする。今回の「Oracle VM」対応により、サーバを老朽化などの理由で入れ替える際、新たなサーバが同ERPの稼働要件を満たせないといった問題を回避でき、以前と同等の稼働環境を新サーバ上に構築可能となる。

 また、仮想化ソフトを用いることで、本番環境/バックアップ環境/テスト環境など複数の環境を同一のサーバ上に構築でき、物理的な台数の削減に加え、サーバ管理の負荷を軽減させることができる。「Oracle VM」のクローン機能を用いることで、稼働済みの本番環境などもコピーでき、本番環境と同等のテスト環境を容易に構築することが可能となる。将来的にはクローン機能を用いて、「Oracle VM」のセットアップの際に「ProActive E2」も自動でセットアップされるような提供形態も想定しており、導入初期の環境構築負荷を減少させることができる。

 「ProActive E2」の各業務システムやその他の連携システムを仮想化環境で稼働させることで、システム稼働環境の統合を可能とし、サーバ台数を最適化することができる。また、利用中の他のシステム稼働環境を統合することで、全体のサーバ台数の削減を支援し、省スペース化/省電力化により“グリーンIT”を促進することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【ネットスイート】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】 ERPで海外子会社の業務を見える化――事例に学ぶグローバルな連結経営 【ネットスイート】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】
ERP ERP ERP ERP ERP
プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 グループ全体のプロジェクトを見える化 クラウド型ERP導入効果 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024805


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ