アンドール、2次元/3次元統合CADシステムの機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アンドール、2次元/3次元統合CADシステムの機能を強化


掲載日:2009/01/22


News

 アンドール株式会社は、設計/製造現場のための機能強化により生産性向上を可能とする2次元/3次元統合CADシステムの新版「CADSUPER Works 2009年度版」を、2月1日より発売する。

 「CADSUPER Works」は、優れた3次元設計機能と自由度に優れた2次元設計機能を、専用の連携機能により融合させた2次元/3次元統合CADシステム。データ補正機能により2次元図面上での操作に適した“使える2次元データ化”を可能とし、上流での品質の作り込みから図面作成まで、全方位の設計支援環境を提供する。「ライトモデル」/「レギュラーモデル」/「アドバンスモデル」が用意されている。

 今回の新版では、2次元図面内の三面図を直接3次元モデル内のスケッチ平面にインポートでき、既存図面からの3次元モデル作成操作での省操作を可能としている。また、2次元組図(集合要素や部品)から直接3次元アセンブリ内に部品単位に区別された形状(ブロック要素)としてインポートでき、解析や機構シミュレーション機能などを利用し、製品の品質/完成度向上を支援する。

 専用の“3次元→2次元連携機能”が提供され、図面化作業の自動化が可能となった。3次元設計上で作成した穴フューチャ情報を2次元図面作成時に、JIS機械要素形状に置き換えることができ、2次元図面作成時と表現方法が統一され、優れた品質の図面作成を可能とする。また、3次元設計上のアノテートアイテム(3次元寸法/注記など)から2次元図面作成時に、寸法線属性に置き換えることができ、2次元図面での寸法線編集など自由度に優れた設計環境が提供される。

 3次元設計情報から部品表テンプレートの情報を基に2次元図面内にも部品表を配置することができる。また、3次元設計上で設計変更などデータの更新が行なわれた場合、2次元図面を更新できるほか、更新する/しないも設定でき、2次元図面利用方法に合わせて目的別に利用することができる。

 3次元設計では、Windows準拠の優れた操作性と新たな機能を備え、コンフィギュレーション機能など優れた3次元設計環境を提供する。アセンブリでは、トップダウン/ボトムアップの両設計手法に対応しているほか、「アドバンスモデル」/「レギュラーモデル」では構造解析/機構解析機能を搭載している。また、同社の2次元CADシステム「CADSUPER FX II」と同等の機能が提供され、製造業での設計納期短縮化と図面の高品質化を可能とする。


出荷日・発売日 2009年2月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024804


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ