NRIセキュア、セキュアファイル送受信に送信内容確認機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRIセキュア、セキュアファイル送受信に送信内容確認機能を追加


掲載日:2009/01/22


News

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は、セキュアファイル送受信サービス「クリプト便」のログ機能を拡張し、セキュリティ管理者が送信ファイルの内容を確認できる「メッセージアーカイブ機能」の提供を、開始した。

 「クリプト便」は、インターネットを介した電子ファイルのやり取りを、セキュリティ技術によって安全/確実に可能とするサービス。今回提供される「メッセージアーカイブ機能」では、従来のログ確認機能(送受信者情報/送受信時刻/送信ファイル名)に加え、送信されたファイルを安全に送信者側のセキュリティ管理者に転送することで、いつ/誰が/どのようなファイルを送信したか、ファイル内容を確認することができる。

 ファイル送信者やファイル受信者(BCCも含む)、ファイル送信日時、送信ファイルの内容、「クリプト便」で暗号化されたメッセージ本文、「クリプト便」送信オプション情報といった情報が提供される。また、ユーザが利用中の各種メールアーカイブ製品を活用するために、ユーザ環境に転送されるデータをメールアーカイブ製品に合わせた形式に変更することができる(標準データ形式はExchange2003のエンベロープジャーナル形式)。

 ユーザのサイトに転送される情報は、SSL通信(暗号化通信)を利用するほか、転送情報自体も暗号化することで、転送情報を盗聴のリスクから守ることができる。ユーザ専用にサーバを準備する“専用サーバプラン”と、複数のユーザでサーバを共同利用する“共有サーバプラン”が用意されている。なお価格は、“専用サーバプランの初期費用が80万円、月額料金が15万円、共有サーバプランの初期費用が40万円、月額料金が8万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024802


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ