提携:CTC、障害解析を含むRuby/Ruby on Railsサポートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:CTC、障害解析を含むRuby/Ruby on Railsサポートを提供


掲載日:2009/01/21


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、株式会社ネットワーク応用通信研究所(NaCl)と協業し、オブジェクト指向スクリプト言語“Ruby”とWebアプリケーションフレームワーク“Ruby on Rails”のサポートサービスを、1月より提供する。

 今回提供されるサービスでは、Rubyの主要開発者であるまつもとゆきひろ氏と、Ruby開発メンバーを多数擁するNaClの協力により、企業システムで利用するユーザに、“Ruby”や“Ruby on Rails”の実行環境での、Q&Aサポートと障害解析が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024793


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ