NextIT、独製の統合型メールセキュリティアプライアンスを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NextIT、独製の統合型メールセキュリティアプライアンスを出荷


掲載日:2009/01/20


News

 ネクスト・イット株式会社は、独Astaro Corporationの統合型メールセキュリティアプライアンス「Astaro Mail Gateway」を、出荷した。

 「Astaro Mail Gateway」は、SMTP(メールサーバ間での通信)やPOP3(メール受信時の通信)でのスパムやウイルスへの対策機能を備えた統合型メールセキュリティアプライアンス。Commtouch Software社のアンチウイルス機能“Recurrent Pattern Detection”を中核に11のスパム対策技術を搭載し、97%以上の検知率を達成している。異なる2つのウイルス対策エンジン/パターンファイルをそれぞれ独立して稼働させることで、既知/未知の80万以上のウイルスやトロイの木馬、スパイウェアなどの悪意を持ったソフトウェアからメール環境を保護することができる。

 隔離レポート自動送付機能を備え、ポータルページでの隔離メールの管理により、利用者自身による隔離メールの管理を可能としている。S/MIME(Secure MIME)、OpenPGP(米PGPの暗号ソフトウェアとの互換運用性を備えた暗号ソフト)、TLS(情報を暗号化して送受信するプロトコルの1つ)といったインターネット標準に基づく暗号化技術を用いて、クライアントソフトウェア不要でメールを透過的に暗号化することができる。

 SSL VPNによるリモートアクセスVPNを使用して、社外から安全にOutlookクライアントでのExchangeサーバへのアクセスを可能としているほか、Active Directory(Windowsに搭載されているディレクトリサービス)との連携による認証など、エンタープライズクラスで利用されているメールセキュリティ機能を搭載している。また、トランスペアレント(透過)モードに対応しているため、既存機器の設定変更は不要で設置/運用することができる。メールサーバの設置場所に非依存のため、ホスティングサービスなどを利用するユーザでも統合的なメールセキュリティ対策を容易/廉価に行なうことができる。

 なお価格は、推奨ユーザ数50〜200の「Astaro Mail Gateway 1000」が32万5700円、200〜500の「Astaro Mail Gateway 2000」が61万4700円、500〜1500の「Astaro Mail Gateway 3000」が122万1000円、1500〜3000の「Astaro Mail Gateway 4000」が222万5000円となっている。


出荷日・発売日 2009年1月16日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024773


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ