リコーとフォトロン、スキャンした図面をCADデータに自動変換

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコーとフォトロン、スキャンした図面をCADデータに自動変換


掲載日:2009/01/19


News

 株式会社リコーと株式会社フォトロンは、建築/設備業や機械製造業向けに、デジタル複合機(MFP)でスキャンした図面をCADで利用可能なデータに自動変換することで、図面の再利用を効率化するソリューション「図脳RVコンバータfor imagio」を、発売した。

 「図脳RVコンバータfor imagio」では、リコーのMFP「imagio」シリーズと、フォトロンのラスター(点の集合で構成されたデータ)/ベクター(点や線の座標/距離などを数式的に保持したデータ)変換モジュール「図脳RVコンバータ」を連携させている。「imagio」のタッチパネル上に表示される“図面の種類”や、青焼き/日焼けなどによる“ノイズ量”、“図面の縮尺”を選択してスキャンすると、図面にあわせたパラメータで自動的にベクターデータへの変換が行なわれ、フォトロンのCADファイル形式“図脳CAD形式”や、オートデスクのCADソフト「AutoCAD」の“DXF形式”/“DWG形式”、CADデータ交換標準“SXF形式”で保存することができる。「imagio MP W7140/W5100」シリーズなどの広幅複合機にも対応しており、A4からA0サイズまでの図面に対応している。

 これにより、図面をCADデータ化する際のトレース作業負荷を軽減でき、図面の再活用を効率化することで、業務効率を向上させることができる。なお、同連携プログラムを使用するには、「図脳RVコンバータfor imagio」に加え、「imagio」シリーズの対応機種、「imagio」シリーズのオプションのアプリケーション「imagioカンタン文書登録 タイプA」、「imagio VMカード」が必要となる。


出荷日・発売日 2009年1月19日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024765


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ