ITテレコム、Web会議をIE以外に対応、プレゼンス機能なども追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ITテレコム、Web会議をIE以外に対応、プレゼンス機能なども追加


掲載日:2009/01/16


News

 アイ・ティー・テレコム株式会社は、標準サービスの拡充に加え、プレゼンス機能(在席管理機能)や管理画面機能など3つのオプションを搭載可能としたWeb会議サービス「MORA Video Conference Ver7.0(ASPモデル)/Ver7.0i(サーバ導入モデル)」を、1月18日より提供する。

 「MORA Video Conference」は、ネットワーク環境とブラウザがあれば利用できるWeb会議サービス。初期投資を抑えて容易に運用開始できる定額制のASPモデルと、様々なカスタマイズが可能なサーバ導入モデルが用意されている。1つの会議室で最大20人(拠点)まで利用でき、会議室は無制限に作成することができる。資料共有やホワイトボードなどの機能は、アイコンのクリックで利用することができる。

 今回のバージョンでは、Internet Explorer以外のWebブラウザに対応し、Firefox 2.0以降/Opera 9.5以降/Safari 3.1以降/Google Chrome 0.2以降/Netscape 7.1以降/Mozilla 1.4以降への対応が予定されている。また、映像/ホワイトボード/資料共有/文字チャットなどの画面をユーザごとに自由にレイアウトできる従来のユーザインターフェースに加え、各画面を1つのウィンドウ内に固定して表示できる“単一ウィンドウ表示機能”が追加された。ASPサーバシステムの機能や構成の強化も実施された。

 オプションのプレゼンス機能では、メンバー同士でのオンライン状況表示やメッセージの交換、会議室への召集が可能となっている。また、従来はサーバ導入モデルのみ標準搭載されていた管理者用ツール“AdminTool”がASPモデルでもオプション搭載可能となった。会社ごとに登録されたユーザIDや、会議室の情報/利用状況を一元管理することができる。多人数モード(セミナーモード)の会議室では、従来はメインユーザのみ起動可能であった資料共有/アプリケーション共有機能を発言者も起動できるオプションを追加し、管理/運用面の機能性を向上させている(サーバ導入モデルでは、多人数モードとアプリケーション共有機能は標準搭載)。

 同社では、Web会議のための音響映像機器の手配/サポートや、Bフレッツ/ADSLの手配、既存サービスとの組み合わせなど、ユーザ窓口の一本化に加え、様々なカスタマイズが可能なソリューションサービスを提供し、ユーザのニーズに対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

中規模遠隔会議用スピーカーフォン 『Jabra SPEAK 810』 【GNネットコムジャパン】 小規模遠隔会議・携帯用スピーカーフォン 『Jabra SPEAK 510』 【GNネットコムジャパン】 クラウド型Web会議サービス V-CUBE ミーティング 【ブイキューブ】 Web会議システム Cisco WebEx 【ネットワンパートナーズ】 クラウドPBXと固定電話のメリットだけ取るハイブリッド活用法 【日本マイクロソフト】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
最大15人の中規模会議に適したスピーカーフォン。コンパクトデザインや直感的な使いやすさ、優れた音声品質により、様々なシーンで生産性の高い遠隔会議を実現。 1〜4人の会議や持ち運びに適したスピーカーフォン。コンパクトデザインや直感的な使いやすさ、優れた音声品質により、様々なシーンで生産性の高い遠隔会議を実現。 次世代の映像伝送技術(H.264/SVC)の採用で、拠点ごとに異なるインターネット接続環境でも各ネットワーク帯域に合わせて自動で映像・音声が最適化できるWeb会議サービス。 パソコンやスマートフォン、タブレット端末などを活用して、どこでもミーティングが可能なWeb会議システム。 Skypeと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024747


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ