ロジテック、耐衝撃性に優れた外付型HDDに500GBモデルを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテック、耐衝撃性に優れた外付型HDDに500GBモデルを追加


掲載日:2009/01/16


News

 ロジテック株式会社は、耐衝撃性に優れたアルミの本体を採用したポータブル外付型HDユニットで、容量500GBのモデル「LHD-PBF500FU2SV」/「LHD-PBF500U2BK/SV」を、1月中旬より発売する。

 「LHD-PBF500FU2SV」はIEEE1394(FireWire)とUSB 2.0の2種類のインターフェースに、「LHD-PBF500U2BK/SV」はUSB 2.0に対応した、外付型HDユニット。ケース素材にアルミニウムを採用し、衝撃吸収素材とフローティング構造による耐衝撃の本体の採用により、落下した際にも壊れにくく、安全に持ち運ぶことができる。また、容易に装着可能なケーブル巻き付けガイドが付属し、USBケーブルの持ち忘れを防ぐことができる。

 IEEE1394(「LHD-PBF500FU2SV」のみ)/USBバスパワー対応で、WindowsとMac双方で利用できるため、ファイル管理環境を効率化することができる。USBバスパワー不足時などには、付属のUSB補助電源ケーブルを使用して、PCの空きUSBポートから給電することもできる。また、HDDの回転を停止して待機時の消費電力を削減する機能を搭載し、バスパワーでの消費電力を最大50%削減(同社調べ)でき、ノートPCのバッテリ消費を抑えることができる。HDDには、静音性/耐衝撃性にも優れた流体軸受ドライブを採用し、冷却ファン不要の静音設計により、騒音発生を回避可能としている。

 付属のツール(Windows Vista/XP/2000対応)により、同製品へのアクセス終了からHDD回転停止までの時間を自由に設定することができる。設定内容は製品本体に記録されるため、Macなど他の環境でも機能させることができる。HDD停止状態で同製品へのアクセスを行なうと、直ちに復帰して回転を開始する。

 データ漏洩を防止するセキュリティ対策用ソフトウェアに加え、バックアップ/フォーマット/データ消去などが可能なWindows対応ソフトウェアが付属しているほか、Mac OS X Leopardでは、自動バックアップ機能“Time Machine”にも対応している。EUの“RoHS指令”(特定有害物質の使用制限)に準拠し、環境にも配慮されている。本体色は、「LHD-PBF500FU2SV」/「LHD-PBF500U2SV」がシルバー、「LHD-PBF500U2BK」がブラックとなっている。なお価格は、「LHD-PBF500FU2SV」が2万3200円、「LHD-PBF500U2BK/SV」が2万1000円となっている。


出荷日・発売日 2009年1月中旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024745


IT・IT製品TOP > ストレージ > 外付けHDD > 外付けHDDのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ