アライドテレシス、50度対応/省電力のメディアコンバータを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アライドテレシス、50度対応/省電力のメディアコンバータを出荷


掲載日:2009/01/16


News

 アライドテレシス株式会社は、100BASE-TXと100BASE-FXの変換を行なうスタンドアロン型メディアコンバータで、動作時温度摂氏0度〜50度に対応した「CentreCOM LMC110」シリーズを、出荷した。

 「LMC110」シリーズは、幅41.5mm×奥行き81.5mm×高さ25.4mm/重さ100g(ACアダプタを含まず)とコンパクトで、ACアダプタによる小型/軽量設計に加え、ファン非搭載により様々な設置条件下で使用可能なメディアコンバータ。2心のマルチモード(一般に近距離用)ファイバで2kmまでの通信に対応し、リモートに100BASE-FX(2連STコネクタ)を備えた「CentreCOM LMC111」と100BASE-FX(2連SCコネクタ)を備えた「CentreCOM LMC112」、2心のシングルモード(長距離用)ファイバで15kmまでの通信に対応した「CentreCOM LMC113」が用意されている。

 同社従来品「LMC100」シリーズに比べ、最大消費電力を20%以上抑制した環境配慮型製品で、CO2排出量や総保有コストの削減が可能となっている。「LMC100」シリーズとの対向接続(LMC101⇔LMC111、LMC102⇔LMC112、LMC103⇔LMC113)に対応し、ミッシングリンク機能(一方のポートリンクが切断された場合にもう一方のポートリンクも自動的に切断する機能)やリンクテスト機能(各ポートの接続状況をLED〔発光ダイオード〕で表示する機能)にも互換性があるため、既存のネットワーク構成に容易に導入することができる。また、ケーブルのストレート/クロスを識別する“Auto-MDI/MDI-X”機能に対応し、100BASE-TXポートでオートネゴシエーション機能を有効にしている場合、自動的にポートのMDI/MDI-Xを認識することができる(オートネゴシエーション機能無効の場合はMDI固定)。

 別売の19インチラックマウントキットに対応し、「LMC100」シリーズと同等の方法で設置することができる。なお価格は、「LMC111」/「LMC112」が7万2000円、「LMC113」が14万8000円となっている。


出荷日・発売日 2009年1月15日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024744


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ