NRI、Java EE 5.0を採用したSIフレームワークの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、Java EE 5.0を採用したSIフレームワークの新版を発売


掲載日:2009/01/14


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、大規模でミッションクリティカルな企業情報システムのインテグレーションを可能とするSIフレームワークの新版「ObjectWorks+ R1.0」を、発売した。

 「ObjectWorks+」は、“開発基盤”と“実行基盤”からなるフレームワーク製品と、設計/開発工程の簡易化と標準化を支援するプロフェッショナルサービス(システムライフサイクル全般で包括的に対応するサービス)の組み合わせにより、開発範囲の削減を可能とするSIフレームワーク。フレームワーク製品は、Java EE(Java Platform,Enterprise Edition)5.0を採用しており、標準仕様のオープンソースソフトウェアを積極的に活用しているため、従来に比べ実装を容易にし、開発/テスト工程をより効率化することができる。また、コーディングの最小化や、アプリケーション構造の階層化による変更範囲の局所化、開発手順の標準化により、情報システム開発の効率化も可能としている。これらにより、業務視点からの企業情報システムの構築から運用までを包括的に支援し、ビジネスの安定性と継続性を支援する。

 今回の新版では、開発基盤の設計パターンや業務アプリケーション部品を拡充することで、開発部分の極小化を図るとともに、Ajax連携機能を強化することでリッチなインターフェースを容易に作成可能となった。更に、システム運用の各種サポート機能群を追加するとともに、DB処理の性能を改善し、開発システムをより快適に実行可能とした。また、ワークフロー機能を増強したことで、既存の各種業務システムとの連携が容易となり、従来に比べより大規模な範囲でのミッションクリティカルなシステムでも、業務コントロールを見据えたシステム構築が可能となっている。


出荷日・発売日 2009年1月13日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024724


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ