アズベイス、業務支援ソフトでAIR使用のメッセンジャーを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アズベイス、業務支援ソフトでAIR使用のメッセンジャーを提供


掲載日:2009/01/14


News

 株式会社アズベイスは、業務支援ソフト「BizBase」シリーズの新機能として、Adobeのデスクトップアプリケーション実行環境「Adobe AIR」(Adobe Integrated Runtime)を使用したビジネス向けメッセンジャー「BizBaseメッセンジャー」を、1月15日より提供する。SaaS(Software as a Service)モデルで提供される。

 同社では、従来のグループウェアにワークフロー申請や勤怠管理、経費/交通費申請の機能を拡充させた「BizBaseオフィス」や、様々なグラフ表示機能を備えたSFA(営業支援ツール)「営業マンが使うBizBase」、会計事務所の顧問先管理/作業管理を可能とした「BizBase for 会計事務所」を提供している。今回提供される「BizBaseメッセンジャー」は、「BizBase」の各ラインアップの標準機能として提供される。

 インストールすると、PCの起動中はタスクトレイ/通知領域にアイコンで表示され、PCをログアウトするまで常時起動しておくことができる。メッセージを新規受信するとPCの画面右下にアラートメッセージが表示されるほか、未開封メッセージの受信一覧の確認が可能で、参照表示したメッセージにそのまま返信することができる。メッセージはPCや携帯電話のメールへ自動転送することもできる。また、各ユーザのスケジュールを“当日”/“現在以降の直近スケジュール”の2つのパターンで参照でき、Webブラウザを起動せずに直ちに相手ユーザのスケジュールを確認することができる。

 これらにより、メッセージやスケジュールの確認のためのみにWebブラウザを起動することが不要となり、電話を受け担当者が離席中の場合でも直ちにその担当者のスケジュールを確認するといったことが可能となる。また、メッセージ受信時のアラート表示により、業務連絡など重要なメッセージの受信確認の遅れを防ぐことができる。自動でバージョンアップが行なわれるため、ソフトウェアの運用管理も不要となる。

 通信データは暗号化されるほか、送受信されるデータは「BizBase」のDBで管理されるため、フリーソフトを使用する場合に比べ安全性/堅牢性に優れたデータ管理/ユーザ管理が可能となっている。また、同メッセンジャーから“ブラウザ”ボタンをクリックすることでそのまま「BizBase」のWeb画面を参照でき、ID/パスワードの再入力は不要となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 サポート終了!desknet's NEOへの乗り換えも新規導入もお得に 【リスモン・ビジネス・ポータル】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 事例で検証! Office 365 は頻繁な組織変更にも対応できるか? 【ソフトバンク・テクノロジー/日本マイクロソフト】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 332万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 統廃合、新会社設立…激しい組織変化に Office 365 は対応可能か

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024723


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ