東陽テクニカ、クロスプラットフォームID管理ソフトの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東陽テクニカ、クロスプラットフォームID管理ソフトの新版を提供


掲載日:2009/01/13


News

 株式会社東陽テクニカは、米Likewise Software製のクロスプラットフォームアイデンティティ管理ソフトウェア「Likewise Enterprise」の新バージョン「Version5」の提供を、開始した。価格は、4万8000円からとなっている。

 「Likewise Enterprise」は、UNIX/LinuxのアカウントをActive Directoryに透過的に統合し、Windows準拠のグループポリシー/セキュリティポリシーをUNIX/Linux/Macに適用することで、一貫したアカウント管理を可能とするソフトウェア。ディレクトリ基盤を簡素にして集中管理することによるITコストの削減や、ユーザアカウントを集約しセキュリティ設定を適用することによる安全性の向上に加え、誰がどのシステムへのアクセス権を持つかをレポートして各種規制や基準への準拠を支援する。

 今回の新バージョンでは、Windows 2000 Server/Windows 2003 Serverに加えWindows Server 2008で稼働するActive Directoryに対応した。また、非Windowsプラットフォームのログ管理機能が強化され、Active Directoryに統合したいUNIX/Linux/Macへ導入する「Likewise Agentソフトウェア」に、“Likewise Event Log Subsystem”機能が追加された。同機能にはSQLite DBが搭載され、対象プラットフォーム上の各種ログがDBに蓄積される。リモートクライアントからDCE/RPC(Distributed Computing Environment/Remote Procedure Calls)を介して情報を取得できるほか、各DBに蓄積されたログは、別途用意されるMicrosoft SQL Serverに一括して蓄積することができる。蓄積されたUNIX/Linux/MacのログをCSV(カンマ区切り)形式やテキスト形式で提供することも可能となり、既存の運用管理システム/ログ管理システムとの連携や、利用者の運用性が向上した。

 従来のバージョンでは、Active Directoryの管理用プラグインを用いて、Microsoft提供のGPOE(グループポリシーオブジェクトエディタ)/GPMC(グループポリシーマネジメントコンソール)とユーザのプロパティ画面より各種設定が可能であったが、Linux版管理コンソール“Likewise Administrative Console”(LAC)により同様の操作がLinux環境のGUIからも可能となった。また、Mac OSの管理ツール「Workgroup Manager」で設定された項目をグループポリシーオブジェクトとして統合し、MacクライアントのポリシーをGPOE/GPMCから管理することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 4万8000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 【CA Technologies】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? 【CA Technologies】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
会社内部から高度なサイバー攻撃が行われた場合、防ぐ手だてはあるのか? サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? 管理者権限の不正利用を防ぎ、リスク要因を減らす機能の導入方法とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024711


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ