ライフボート、パーティション操作ツールの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ライフボート、パーティション操作ツールの新バージョンを発売


掲載日:2009/01/08


News

 株式会社ライフボートは、独Paragon Software Groupが開発したパーティション操作ツールの新バージョン「LB パーティションワークス12」を、1月23日よりメガソフト株式会社を通じて発売する。価格は、通常版が6800円、乗り換え版に相当する“特別優待版”が5000円となっている。

 「LB パーティションワークス12」は、データを削除せずにパーティションを操作でき、パーティションの作成/削除/フォーマット/サイズ変更/移動/コピー/結合/バックアップが可能なツール。様々なウィザードにより容易にパーティションを操作できるほか、HDDイメージを見ながら操作することもできる。また、Windows PE(Windowsプレインストール環境:セットアップ/スクリプト/イメージングアプリケーションの実行が可能な最小限のバージョン)2.0に対応したCD起動による操作にも対応している。CD起動時の操作画面がWindows上での操作画面と同じ画面となり使い勝手が向上したほか、ユーザ自身でドライバの追加が可能となり、新しいチップセットなど最新の環境にも対応可能となっている。

 2TBまでのHDDで動作確認済みで、IDE(Integrated Drive Electronics)/E-IDE、SCSI、SAS(シリアルアタッチドSCSI)、SATA(シリアルATA)、USB、IEEE1394といった様々なHDDに対応している。ファイルシステムの変換機能も備え、FAT16⇔FAT32、FAT16/32⇔NTFS、基本パーティション⇔論理パーティション、ダイナミックディスク→ベーシックディスク(シンプルボリュームのみ)といった変換が可能となっている。また、図解中心のガイドブック「LB パーティションワークス12公式ガイドブック」が付属し、初心者のパーティション操作を支援する。


出荷日・発売日 2009年1月23日 発売
価格 通常版:6800円、“特別優待版”:5000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 徹底調査:今後3年で中小企業のデータ管理体制はどう変わる? 【ベリタステクノロジーズ】 4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【ITキーマン 906人に聞いた!】今やるべき”データ保護”とは デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024692


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ