日立ビジネス、音声合成システムにシナリオ読み上げ機能等を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ビジネス、音声合成システムにシナリオ読み上げ機能等を追加


掲載日:2009/01/07


News

 日立ビジネスソリューション株式会社は、シナリオ読み上げ機能を追加し、音声編集機能の更なる操作性向上を図った汎用知的音声合成システム「ボイスソムリエ Ver.2」を、1月19日より出荷する。

 「ボイスソムリエ」は、容易なPC操作でアナウンスやナレーション音声を作成できる音声合成システム。今回のバージョンでは、音色数1で読み上げ専用(編集/保存不可)の「パーソナルモデル」と、音色数1の「ベーシックモデル」、音色数5の「プレミアムモデル」、音色数5で作成した音声の再販が可能(ライセンス契約が必要)な「ビジネスユースモデル」が用意されている。「プレミアムモデル」/「ビジネスユースモデル」では、5種類の音声(女性3種類/男性2種類)を1文単位で切り替えることができ、複数の話者によるナレーションシナリオを作成することができる。

 「パーソナルモデル」以外の各モデルでは、複数の単語からなる1文単位までのフレーズを定型文として保存可能となった。保存した定型文は文章中の任意の個所に挿入することができる。発音調整済みフレーズの再利用を可能とすることで、より効率的に音声を作成することができる。また、発音調整後にテキストを変更した場合、従来はテキストの再解析により変更部分が含まれる1文単位で調整前の内容に戻るようになっていたが、「Ver.2」ではテキスト変更部分(文節)以外の発音調整内容は保持される。これにより、発音調整後のテキストも容易に変更することができる。

 全モデルで、ユーザ辞書の登録可能数が約6万5000件に拡張されたほか、従来のGUI画面からの登録に加えCSV(カンマ区切り)ファイルからの一括登録も可能となった。また、音声試聴時に再生個所の文章の強調表示が可能となった。「パーソナルモデル」以外の各モデルでは、フレーズ単位で声の大きさを指定可能となった。「ビジネスユースモデル」では、サウンド挿入可能なWAVファイルのビットレートが拡張され、サンプリング周波数は8/11.025/16/22.05/44.1/48KHzに、量子化ビットは16/8ビットに対応した。


出荷日・発売日 2009年1月19日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024680


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ