オーリック、Webアクセス解析ソフトを64ビットOSなどに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オーリック、Webアクセス解析ソフトを64ビットOSなどに対応


掲載日:2009/01/05


News

 オーリック・システムズ株式会社は、64ビットOSに対応し、テラバイト規模のデータ解析を可能としたWebアクセス解析ソフトの新版「RTmetrics V 7.0.0」を、出荷した。参考価格は、450万円からとなっている。

 「RTmetrics」は、ネットワークに流れるパケット情報を取得するパケットキャプチャ型のアーキテクチャにより、リアルタイム解析や複数サイト間の行動解析、URLに表示されない送信内容“POSTデータ”の解析などを容易な操作で行なうことができるソフトウェア。携帯サイトもPCサイトと同一システムで同じ指標で解析でき、ワンセグ/ゲーム端末/IPTV(IPを利用してデジタルテレビ放送を配信するサービス)/RSS/クローラ(Webページを定期的に巡回/収集するプログラム)からのアクセス解析でも特別なアプリケーション開発やサイトの変更は不要となっている。

 今回の新版では、Red Hat Enterprise Linuxの64ビット版(x86アーキテクチャ)に対応し、1解析プロセス当たりで使用可能なメモリ空間が4TBに拡張されたため、トラフィックの多い大規模サイトでもスムーズに解析可能となり、複数サイトにまたがる横断的な解析や、長期間の傾向解析などにも適した環境を提供する。また、PV(ページビュー)や滞在時間、個々の属性分析、リスティングやバナーなどの広告解析、商品カテゴリや商品ごとのROI(投資対効果)、コンバージョン測定など、解析対象データが増加しても、スムーズに結果を得ることができる。

 検索サイトや各種ロボット(クローラ)の増加に対応するために、定義ファイルを更新し、解析精度を向上させている。同製品を安定動作させるためのメンテナンスツールでは、Webサイトとクライアントで行なわれるパケットの送受信時に起こる欠落やパケット順序の逆転度合いをチェックする機能が追加された。また、HTTP応答コード分析機能も追加され、Webページごとに起こる404エラー(URLに対応するWebページなどが存在しない時に表示されるエラー)などでの表示不能状態による機会損失を早急に発見することが可能となった。AES(Advanced Encryption Standard)暗号化方式の復号化に対応し、256ビット/128ビットAESの共通鍵暗号化方式を選択しているSSLページも分析可能となった。


出荷日・発売日 2008年12月25日 出荷
価格 参考価格:450万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024645


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ