スターティア、中小企業向け遠隔地バックアップ構築支援を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スターティア、中小企業向け遠隔地バックアップ構築支援を提供


掲載日:2008/12/26


News

 スターティア株式会社は、中小企業向けに、企業で利用中のシステムやデータを遠隔地にバックアップし、企業情報システムの保護環境を提供するサービス「遠隔地バックアップ構築支援パック」の提供を、開始した。

 「遠隔地バックアップ構築支援パック」は、同社のVPNルータレンタルサービス「Digit@linkマネージドゲートウェイ」とファイルサーバホスティングサービス「セキュアSamba」を組み合わせたサービス。「マネージドゲートウェイ」では、2年または3年契約を選択でき、オプションでファイアウォール機器のUTM化(複数のセキュリティ機能の統合化)が可能となっている。また、「セキュアSamba」では、社内サーバと同等の利用感覚で、外部とファイル共有を行なうことができる。

 両サービスの組み合わせにより、高額な構築費などによりディザスタリカバリ(災害復旧)対策を見送っていた中小企業でも、廉価に事業継続のためのシステムやデータの保護が可能となる。なお価格は、初期費用が18万9000円、月額が5万3340円から(いずれも税込)で、希望に応じて利用機器やサービスコースを変更することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024643


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ