シャープ、奥行き438mmのA4フルカラー複合機など4モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、奥行き438mmのA4フルカラー複合機など4モデルを発売


掲載日:2008/12/24


News

 シャープ株式会社は、本体の小型化とカラー/モノクロの出力高速化などを両立させたA4対応デジタルフルカラー複合機2機種4モデル「MX-C310/C310FX」/「MX-C381/C381FX」を、12月24日より順次発売する。

 「MX-C310」は、幅560mm×奥行き438mm×高さ714mmと、奥行きをオフィスの一般的な書庫(ファイルキャビネット)と同程度に抑えた複合機。「MX-C310FX」/「MX-C381/C381FX」も幅/高さは同一で、奥行きも490〜545mmに抑えられている。4モデルともコピー/プリンタ/スキャナ/ネットワーク/ドキュメントファイリングに標準対応しているほか、「MX-C310FX」/「MX-C381FX」はFAXに標準対応し、「MX-C310」/「MX-C381」もオプションでFAXに対応することができる。

 「MX-C310/C310FX」はカラー/モノクロとも毎分31枚、「MX-C381/C381FX」は毎分38枚(いずれもA4タテ)の出力が可能なほか、モノクロ/カラーとも毎分33枚の読み取り(A4、200dpi読み取り時、両面原稿自動送り装置使用時)が可能となっている。また、“MycrosトナーHG”の採用などにより、粒状感(ざらつき)の少ない緻密な表現が可能なほか、1200×1200dpiのプリント解像度により、小さな文字や微細な線による図面、繊細な写真などのつぶれを抑えることができる。原稿種別自動認識機能“マジカルビュー”も搭載し、写真は鮮明に、文字はくっきりとさせることができる。

 オープンシステムズアーキテクチャ“Sharp OSA”により、各種アプリケーションソフトと連携したシステムの開発が可能となり、業務効率の向上を支援する。オプションの名刺専用トレイを使用することで、名刺管理アプリケーションと連携し、原稿送り装置から複数枚の名刺を自動的にスキャンできるため、顧客管理などの一連の作業を自動化することができる。

 予熱モード/オートパワーシャットオフモードによる省エネ設計を採用し、FAX待機時の消費電力は1W以下に抑えられており、国際的省エネルギー制度“国際エネルギースタープログラム”やグリーン購入法(国などによる環境物品などの調達の推進などに関する法律)の基準に適合している。特定有害物質の使用を制限する欧州RoHS規制にも対応している。なお価格は、「MX-C310」が98万円、「MX-C381FX」が118万円などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024612


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ