富士ゼロックス、省エネ性能に優れたカラープリンタ2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、省エネ性能に優れたカラープリンタ2機種を発売


掲載日:2008/12/18


News

 富士ゼロックス株式会社は、スリープモード時の消費電力を1.5W以下、TEC値(概念的1週間の消費電力量)を2.45kWhに抑えたA3対応カラープリンタ「DocuPrint C3360」を、12月19日より発売する。また、それぞれ5W以下/1.46kWhに抑えたA4対応の「DocuPrint C2110」も、12月24日より発売する。

 「C3360」は、フルカラー/モノクロとも毎分35枚(A4ヨコ)の連続印刷が可能で、1枚目を出力するまでの時間はカラー6.4秒/モノクロ5.0秒(A4ヨコ)、電源投入時からのウォームアップタイムは28秒以下、解像度は1200dpi×2400dpiを達成している。また、A3フルイメージを出力できる320mm×450mm(SRA3)などの非定形サイズや、最大305mm×1200mmの長尺用紙に対応しているほか、55g/平方メートルの薄い紙から256g/平方メートルの厚紙、ラベル用紙、再生紙などにも対応している。

 10BASE-T/100BASE-TXを標準装備し、TCP/IPやIPX/SPX(NetWare)、EtherTalk(Mac、オプション対応)などが混在するネットワーク環境に接続することができる。IPv6にも対応している。また、別売のICカードリーダを接続することで、ICカードでユーザを認証して出力できるほか、共通ドライバに対応した複合機との混在環境でも包括的に運用/管理することができる。オプションで、複写機でコピーすると地紋が浮き上がる“隠し文字”を印刷することができる。

 「C2110」は、幅400mm×奥行457mm×高さ416mmとコンパクトで、毎分フルカラー18枚/モノクロ20枚(A4)の印刷が可能なプリンタ。1枚目を出力するまでの時間はカラー9秒以下/モノクロ7.5秒以下、スリープモードからのウォームアップタイムは15秒以下、電源投入時は19秒以下に抑えられている。オプションで自動両面印刷に対応できるほか、標準トレイ(250枚)と手差しに加え、オプションにより最大500枚の給紙に対応することができる。また、トナー/ドラムカートリッジをあらかじめ本体に装着し出荷することで設置の手間を簡略化したほか、設置手順やオプションの取り付け方法、トラブル時の対応などを動画で説明するスタートアップCD-ROMを添付するなど、使い勝手にも配慮している。

 両機種とも、エコマークを取得し、グリーン購入法にも適合している。また、定着時にトナーが融けやすく、色の再現性を向上させた“EA-HGトナー”により、ツヤと深みのある発色を可能としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024568


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ