アスペクト、コンタクトセンタ向け人材管理製品の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アスペクト、コンタクトセンタ向け人材管理製品の新版を発売


掲載日:2008/12/17


News

 日本アスペクト・ソフトウェア株式会社は、コンタクトセンタ向け製品群「PerformanceEdge」で、新しいワークフォース(人材)管理製品「Aspect eWorkforce Management 7.2」を、発売した。

 「Aspect eWorkforce Management」は、予測/スケジューリング/トラッキングの機能を自動化する包括的ソリューション。コンタクトセンタが適切なスキルを持った適切なスタッフを適宜確保することを支援する。今回のバージョンでは、スケジューリングプロセスの効率化により運用コストを低減する45以上の新機能が搭載されている。また、フロント/バックオフィスのスタッフの物理的な席配置のスケジューリング機能が追加されたほか、スタッフのスケジューリング/アサイン(割り当て)機能で、チームごとや1ヵ月単位でのスケジュールが作成可能となった。

 他の「PerformanceEdge」製品群との連携を可能とする“エンハンスメント・パッケージ”により、エージェント(オペレータ)が着席する場所の適正配置を自動的にプランニングすることで、既存の作業環境やトレーニングルーム施設を有効活用することができる。職場で複数の人間が1台の机やPCなどを共有する“ホット・デスキング”など、着席位置を柔軟に組み変えるプランを自動作成することで、オフィスのスペースや管理面でのコストを削減することができる。既に「eWorkforce Management」を利用している企業では、部門/フロア/サイト/施設ごとに座席を自動的にアサイン可能となる。また、すべての「PerformanceEdge」製品との同期が可能で、品質スコアなどのKPI(Key Performance Indicators:主要業績評価指標)を活用し、コーチング/トレーニングのセッションのスケジューリングや、アサインされたスケジュールの優先順位付けを行なうことができる。

 “eSchedule Planner”の追加機能により、エージェントや管理者にとって視認性に優れたスケジュールのグラフィック表示が提供される。


出荷日・発売日 2008年12月17日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024548


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ