提携:EPSONなど、受信FAXのWeb閲覧による印刷コスト削減で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:EPSONなど、受信FAXのWeb閲覧による印刷コスト削減で協業


掲載日:2008/12/16


News

 エプソン販売株式会社と株式会社両備システムイノベーションズは、複合機とWeb FAX管理システムとの連携で協業し、受信したFAXデータをブラウザのみで閲覧することで印刷コストを削減するソリューションを、両備システムイノベーションズを通じて発売する。

 今回発売されるのは、エプソンのA3カラー対応複合機のPC-FAX対応モデル「LP-M6000F」/「LP-M5000F」と、両備システムイノベーションズのWeb FAX管理システム「Faxため得!!Ver.3」とを連携させたソリューション。「LP-M6000」シリーズ/「LP-M5000」シリーズは、プリンタ/コピー/スキャナといった機能を集約し、導入コストを抑えているほか、コピーチャージ(コピーするたびに発生する料金)が不要でランニングコストを抑えることができ、メンテナンスも容易に行なうことができる。

 「Faxため得!!Ver.3」は、FAXデータをすべてアプリケーションサーバで管理する、Webベースのアプリケーション。エンドユーザ側は、Internet Explorer6または7とAdobe ReaderがインストールされているクライアントPCであれば、専用ソフトのインストールは不要となっている。

 今回の連携により、複合機で受信したFAXデータをサーバで処理し、社員がPCの画面上で確認することができる。必要なもののみを印刷できるため、印刷コストの削減と資源の節約を図ることができる。また、FAX受信時の仕訳/配布といった作業工数を削減できるほか、FAX用紙紛失による情報漏洩の危険性を低減でき、セキュリティを向上させることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024543


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ