IBSJapan、広域無線通信USBモデム等を使用可能なWi-Fi APを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBSJapan、広域無線通信USBモデム等を使用可能なWi-Fi APを出荷


掲載日:2008/12/16


News

 アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社は、USBタイプのデータ通信モデムやスマートフォンを接続することで、様々な無線LAN端末にインターネット環境を提供可能なモバイルWi-Fiアクセスポイント(AP)「PHS300」を、12月中旬より出荷する。価格は、1万9800円(税込)となっている。

 「PHS300」は、122mm×73mm×18.5mm(突起部除く)/重さ145g(バッテリ重量40g含む)と小型/軽量の米CradlePoint製モバイルWi-Fiアクセスポイント。IEEE802.11b/g規格に準拠した無線LANインターフェースを備え、USBポートに広域無線通信用のデータ通信USBモデムやスマートフォンを接続することでブロードバンドルータとして使用することができる。

 1800mAhのバッテリを内蔵しているため、屋内外を問わず広域無線通信網のサービスエリア内であれば場所を問わずインターネットに接続でき、最大16台の無線LAN端末を接続することができる。オプションのシガーソケット用電源アダプタを使用すれば、常に移動する車両の中でもインターネットに接続可能となる。

 Webブラウザで容易に設定でき、NAT(Network Address Translation)や“SPI(Stateful Packet Inspection)ファイアウォール”(要求パケットと応答パケットの整合性を検査し必要なアプリケーションポートのみを開くファイアウォール)、WEP(Wired Equivalent Privacy)/WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2といった無線LAN暗号化にも対応しているため、安全に利用することができる。

 なお、12月現在動作確認が行なわれたUSBデータ通信モデム/スマートフォンは、イー・モバイル株式会社の「D02HW」/「H11T」で、追加機種の情報は同社の製品ページで更新される予定。


出荷日・発売日 2008年12月中旬 出荷
価格 1万9800円(税込)
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 【SAS Institute Japan】 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? 【KDDI】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
富士山の山小屋で快適にネット通信ができる? 「富士山 Wi-Fi」の軌跡 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024534


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ