パラゴン、Windows Server2008対応のパーティションツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パラゴン、Windows Server2008対応のパーティションツールを発売


掲載日:2008/12/15


News

 パラゴンソフトウェア株式会社は、Windows Server 2008対応のパーティショニングツール「Paragon Partition Manager 9 Server」を、発売した。

 「Paragon Partition Manager 9 Server」は、データを削除せずにパーティションを操作でき、パーティションの作成/削除/フォーマット/サイズ変更/移動/コピー/結合や、空き領域の再配置/変換が可能なツール。ウィザードに沿って容易に操作できるほか、HDDイメージを見ながら操作することもできる。また、製品をインストールせずに、Windows PE(Windowsプレインストール環境:セットアップ/スクリプト/イメージングアプリケーションの実行が可能な最小限のバージョン)2.0に対応したCD起動による操作も行なうことができる。HDD全体のコピー(複製)や、HDDの簡易バックアップ(イニシャルバックアップ)も可能となっている。

 2TBまでのHDDで動作検証済みで、IDE(Integrated Drive Electronics)/E-IDE、SCSI、SAS(シリアルアタッチドSCSI)、SATA(シリアルATA)、USB、IEEE1394といった様々なHDDに対応している。ファイルシステムはFAT16/32、NTFS4/5(2000)/5.1、Linux Ext2/Ext3、Linux Swap、ReiserFSなどに対応しており、ファイルシステムの変換機能も備え、FAT16⇔FAT32、FAT16/32⇔NTFS、基本パーティション⇔論理パーティション、ダイナミックディスク⇔ベーシックディスク(シンプルボリュームのみ)の変換が可能となっている。


出荷日・発売日 2008年12月11日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 KDDIエボルバが実現 専門家が不要な効率的DB基盤リプレースとは 【日本オラクル株式会社】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 KDDIエボルバが実現 専門家が不要な効率的DB基盤リプレースとは アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024524


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ