CTCSP、スイッチ2機種の新ファームウェアで消費電力削減に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTCSP、スイッチ2機種の新ファームウェアで消費電力削減に対応


掲載日:2008/12/15


News

 シーティーシー・エスピー株式会社は、台湾Accton Technology Corporationのスイッチ「Edge-Core」シリーズのレイヤ2スイッチ「ES4324」/「ES4308-PoE」で、新しいファームウェアをインストールすることで消費電力を削減する“エコモード”に対応したと、発表した。

 「ES4324」は、10/100/1000Base-Tポートを20ポートと、10/100/1000Base-TまたはSFPスロット(光ファイバ対応)に対応できるコンボポートを4ポート備えたスイッチ。「ES4308-PoE」は、10/100/1000Base-Tを7ポートとコンボポートを1ポート備え、IEEE802.3af準拠のPoE(Power over Ethernet:LANケーブルで電力を供給する技術)給電機能を搭載している。両機種とも、IEEE802.1vまたはポートベースのVLAN(仮想LAN)に対応しているほか、SNMP(Simple Network Management Protocol)v1により管理でき、Webインターフェースで設定/管理することができる。

 今回の新しいファームウェアでは、未使用ポートへの電力供給を抑えることで消費電力を削減でき、「ES4308-PoE」では1台あたり最大3.5W、「ES4324」では最大9.4Wの削減が可能となった(Accton調べ、全ポートにケーブル不接続の状態でエコモード動作/非動作の場合の消費電力量の差)。なお価格は、「ES4324」が6万4500円、「ES4308-PoE」が4万8000円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「ES4324」:6万4500円、「ES4308-PoE」:4万8000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークスイッチ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークスイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワークスイッチ」関連の製品

ApresiaLightシリーズ (インテリジェントL2スイッチ) 【APRESIA Systems】 “総仮想化時代”に適した「次世代ネットワークアーキテクチャ」の具体像 【ジュニパーネットワークス】 インフラ運用自動化に不可欠な「可視化」、その具体策とは? 【ジュニパーネットワークス】 エンタープライズ向けL3スイッチ ApresiaNPシリーズ 【APRESIA Systems】 セキュリティスイッチ 「TiFRONTクラウド管理型モデル」 【パイオリンク】
ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ
低価格でありながら標準的なL2機能を実装。更に、5年間の無償保証がついて安心。 仮想環境に適したネットワークの構築や運用を進めたいと考えている企業およびネットワークエンジニア。 複雑化するインフラの運用負荷を劇的に軽減するには、自動化を押し進める以外に有力な道はない。その歩を進める前に、どうしても着手しなければならないことがある。 エンタープライズ向けインテリジェントL3スイッチ。最大4台のスタック接続による冗長化が可能。 通常通信はそのまま、攻撃性のある不正なトラフィックのみを素早く検知する内部対策向きのクラウド管理型L2スイッチ。既存対策製品と合わせて多層防御を構築する。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024523


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ