アイロベックス、一括管理可能なカルチャースクール向けCMS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイロベックス、一括管理可能なカルチャースクール向けCMS発売


掲載日:2008/12/15


News

 株式会社アイロベックスは、カルチャースクール向けに、Webサイト/モバイルサイト/カタログ/チラシの一括管理が可能なCMS(コンテンツマネジメントシステム)「CMS + AD for School」を、発売した。

 「CMS + AD for School」は、変更が多く複雑な講座情報/講師情報をDBで管理し、複数媒体での情報提供を容易に行なうことができるCMS。CMSの基礎には、シックス・アパート株式会社のブログソフト「Movable Type」を利用している。データを一元管理するため、データの整合性を確保できるほか、Webサイト制作会社に依頼せずに、Web上の管理画面を使用し社内で迅速にデータの更新/メンテナンスを行なうことができる。

 1つの講座に複数の講師を登録できるほか、複数パターンから選択して講座日程を登録することや、複雑な日程を自由に登録することができる。また、期の変わり目でも変更のない講座はそのまま継続して登録できるほか、既存の講座を複写して新規登録することもできる。特別料金での体験レッスンにも対応している。

 AdobeのDTPソフト「Adobe InDesign」と株式会社魚津システムのAdobe InDeisgnプラグイン「KeySYNC」を利用して雛形を作成し、そこにCMSのデータを取り込むことで容易にカタログを作成することができる。また、Webサイトやカタログなど複数媒体への情報公開を自動化でき、情報の公開日/公開終了日を指定することや、翌期の講座をまとめて事前登録しておくことができる。これらにより、コスト削減を可能としている。

 Webサイトは、講座ごとに静的HTMLページが作成され、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに配慮されている。Googleのアクセス解析ツール「Google Analytics」を標準装備しており、Webサイトの閲覧数やページ遷移などを解析することができる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 通販ソリューション 【日立システムズ】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 通販バックヤードシステムを中心に、ECサイト、コールセンター、マーケティングツールなど、通販業務機能をオールインワンで提供。単品通販向け機能が豊富。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024519


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ