VASCO、2要素認証ソリューションをSaaS環境に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


VASCO、2要素認証ソリューションをSaaS環境に対応


掲載日:2008/12/12


News

 株式会社VASCO Data Security Japanは、同社のセキュリティソリューション「Identikey Server」が、SaaS(Software as a Service)環境でも容易にワンタイムパスワードによる2要素認証を可能とする対応を完了したと、発表した。

 「Identikey Server」は、ネットワークへのリモートアクセスやWebベースのアプリケーションで、同社のワンタイムパスワードトークン「DIGIPASS」シリーズの2要素認証機能の利用を可能とする認証サーバソリューション。SOAP(XMLをベースとしたメッセージ交換のためのプロトコル)インターフェースを介し、様々なWebベースの環境に同ソリューションの機能を統合することができる。

 今回の対応では、「DIGIPASS」シリーズと同ソリューションを組み合わせることで、SaaSアプリケーションが標準で提供する固定パスワードを動的なワンタイムパスワードに置き換え、2要素認証を容易に構築することができる。パスワードはログインごとに変わり、再度利用不能なため、フィッシングなどによるパスワード盗難から保護することができる。

 様々な形でSaaSアプリケーションと統合でき、SaaSベンダが提供するSaaSアプリケーション環境内での統合や、同ソリューションを活用し認証サービスを提供しているインテグレーションパートナー側での統合に加え、SaaS導入企業側での統合も可能なため、自宅や外出先から企業ネットワークにリモートアクセスする際の認証などでも同ソリューションの機能を利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 AXIOLE 【ネットスプリング】 NeoFace Monitor 【NEC】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024513


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ