コージェンメディア、ソフトの起動/動作を高速化するソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コージェンメディア、ソフトの起動/動作を高速化するソフト発売


掲載日:2008/12/11


News

 株式会社コージェンメディアは、USBメモリやSDカードを利用してアプリケーションの起動/動作を高速化するソフト「eBoostr 日本語版」(開発元:MDO)を、発売した。

 「eBoostr」は、Windows Vistaに標準搭載された高速化技術“ReadyBoost”の機能とキャッシュメモリ管理技術“SuperFetch”の機能をWindows XP/2000/Server 2003上で可能とするソフト。フラッシュメモリやRAMをキャッシュとして使用することで、システムの高速化とアプリケーションのレスポンス改善を図る。最大4個のフラッシュメモリを使用でき、ハードウェアの交換不要でPCを高速化することができる。

 アプリケーションの使用頻度についての情報を収集し、それらのファイルやデータを事前にキャッシュすることで、アクセスの高速化とディレイ(遅延)の減少が可能となり、アプリケーションの実行を高速化することができる。ミニノートPCでは通常のPCよりも低速なHDDが使用されているが、同ソフトを使用することでHDDへのアクセスを削減でき、消費電力の抑制や起動の高速化、バッテリの長時間使用を可能とする。

 “SuperFetch”に似た機能を備えており、頻繁にアクセスされるファイル/データを保存するためにRAMの未使用領域を使用でき、よく使用するアプリケーションを実行するたびに、RAM内に事前に読み込み、起動を高速化することができる。PCに1GB以上のメモリが搭載されている場合には、パフォーマンスの向上度に優れる。また、USBフラッシュドライブに加え、SD/SDHCカードやコンパクトフラッシュ、マルチメディアカードなどの非USBフラッシュドライブや外付けHDDをキャッシュ用デバイスとして使用でき、最大4種のキャッシュ用デバイスを同時に使用することができる。各キャッシュサイズは無制限(非NTFSフォーマットデバイスの場合の最大キャッシュサイズは4GB)となっている。“ReadyBoost”のパフォーマンス基準に適合した“Enhanced for ReadyBoost”デバイスに対応している。


出荷日・発売日 2009年12月9日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024492


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ