イーシステムとクレオ、名刺管理SaaSと年賀状作成サービスを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イーシステムとクレオ、名刺管理SaaSと年賀状作成サービスを連携


掲載日:2008/12/09


News

 イーシステム株式会社と株式会社クレオは、イーシステムの名刺管理サービス「アルテマブルー」とクレオの年賀状作成サービス「筆まめonline 年賀状印刷」を連携させ、提供を開始した。

 「アルテマブルー」は、名刺情報を迅速/正確にデジタル化できるSaaS(Software as a Service)型サービス。社員間で名刺情報を共有でき、社員個々の人脈を企業の資産として経営に活用可能とする。PCや携帯からデータセンタ上の名刺データにアクセスする方式のため、情報漏洩を防止できるほか、利用場所/時間の制約を受けにくく利便性にも優れている。「筆まめonline 年賀状印刷」は、インターネット上でオリジナル年賀状を作成できるサービスで、PCへのアプリケーションのインストールは不要となっている。作成した年賀状は、手持ちのプリンタで印刷できるほか、印刷会社へ印刷注文することもできる(送料無料)。

 今回の連携により、「アルテマブルー」のユーザは、所有している名刺データから選択することで年賀状の宛先リストを容易に作成でき、「筆まめonline 年賀状印刷」で利用できるため、宛名や住所などの入力の手間を省くことができる。「アルテマブルー」のリストマネジメント機能により、社内の複数ユーザで宛先リストを共有できるため、会社や部署単位で年賀状の送付先を一元的に管理することができる。また、宛先リストのデータはPCに残らないため、個人情報保護/情報漏洩防止を支援することができる。

 「筆まめonline 年賀状印刷」で公開されている400点以上のデザインからオンラインで年賀状を作成することができる。年賀状は印刷会社で印刷されたのちユーザに配送されるため、あとから直筆のメッセージを書き加えることもできる。あらかじめ印刷されているはがきを用意している場合には、「筆まめonline 年賀状印刷」で宛名印刷用PDFファイルを作成し、宛名面のみを社内のプリンタで一括印刷することもできる。これにより、年賀状に加えダイレクトメールや各種案内はがきなど宛名の一括印刷も可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【東日本電信電話】
CRM CRM CRM CRM CRM
BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024462


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ