ソリトン、ID統合管理システムで管理者負担を軽減する新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソリトン、ID統合管理システムで管理者負担を軽減する新版を出荷


掲載日:2008/12/05


News

 株式会社ソリトンシステムズは、ID統合管理製品システムの新バージョン「ID Admin v7.2」を、出荷した。

 「ID Admin」は、Active Directory(Windowsに搭載されているディレクトリサービス)やLDAP(Lightweight Directory Access Protocol)などに散在するユーザID情報を自動的に一括処理(新規登録/変更/削除など)するID統合管理製品システム。ユーザIDをルールに従って一括処理できるため、ユーザIDごとに管理対象システムに対する適切なアクセス権を付与することができる。

 今回の新バージョンでは、各管理対象システムへのユーザIDの登録/変更/削除処理が高速化され、大量のユーザIDを迅速に処理することが可能となった。また、管理業務を、管理対象システムや部門別に、他のシステム管理者へ委任/分散でき、社内システム全体を管理しているID管理者の管理負担を軽減している。

 拡張プラグインにより、従来の管理対象ディレクトリに加え、株式会社NTTデータイントラマートの統合型フレームワーク「intra-mart」に対応させることができ、「intra-mart」のDBと他の社内システムのユーザIDの一元的な管理を可能としている。なお価格は、「ID Admin v7.2 Multiライセンス」が100ユーザライセンスで50万円から、「ID Admin 拡張プラグイン『intra-mart』」が72万円となっている。


出荷日・発売日 2008年12月5日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
国家だけのリスクではないインサイダー脅威、過去の事件集から対策を解説 会社内部から高度なサイバー攻撃が行われた場合、防ぐ手だてはあるのか? さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 巧妙化する標的型攻撃への対策は、侵入を前提とした「多層防御」が鍵となる

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024443


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ