TIS、企業内情報共有ソフトのサポートを提供、正式版も公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TIS、企業内情報共有ソフトのサポートを提供、正式版も公開


掲載日:2008/12/05


News

 TIS株式会社は、オープンソースの企業内情報共有ソーシャルウェア「SKIP」のサポートサービス「SKIPあんしんサポート」の提供を、開始した。また、「SKIP」にシステム管理機能などを追加した正式版「Version1.0」を、公開した。

 「SKIP」では、社員が自分専用のブログを持つことができ、“暗黙知”を含む多数のナレッジコンテンツを生成可能とする。ブログ機能を使用して利用者全員に質問することもでき、“Know Who”(誰が何を知っているか)を特定可能とする。グループ機能によりアクセス権限をグループ内に限定でき、掲示板やファイルで安全/容易に情報を共有することができる。また、登録されたブログの情報やグループの情報、Word/PDFなどのアップロードされたファイルなど種類に関係なくキーワード検索できるため、社員が企業内に散在するナレッジへ効率的にアクセスし情報を取得することができる。

 今回提供されるサポートサービスでは、「SKIP年間サポート」/「SKIP構築代行」/「SKIP開発支援」が用意されている。「年間サポート」では、電話/メール/Webによるサポートを実施する。問い合わせに開発者が対応するほか、バージョンアップなどについての定期的な情報提供や、障害発生時のログ調査や緊急版対応の提供を行なう。「構築代行」では、ユーザ社内の環境で「SKIP」が動作するまでの構築作業を行なう。要件や環境などについてのヒアリングを実施した上で、適切な構成を提案する。

 「開発支援」では、「SKIP」をカスタマイズして導入する際の支援を行ない、ユーザが「SKIP」を改修する際の疑問の解決やプログラムの変更方法についてサポートする。改修したい機能ごとに完成までを電話/メール/Webで支援する「ソリューション支援」と、週に1度サポート担当者とペアプログラミング(2人のプログラマが相補的な作業を行ないながら共同で開発する手法)を実施しながら様々な要望に対応する「オンサイト支援」の2種類が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ナレッジマネジメント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ナレッジマネジメント」関連情報をランダムに表示しています。

「ナレッジマネジメント」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) Vitals ESP 【ギャラクシーソフトウェアサービス】 かんたんWebデータベース【サイボウズ デヂエ 8】 【サイボウズ】 マニュアル制作ツール WikiWorks 【ナレッジオンデマンド】 ビジュアルマネージャー 【ネットパイロティング】
ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント
企業内コンテンツを管理、同期できるエンタープライズコンテンツ管理(ECM)プラットフォーム。ナレッジマネジメント、病院評価管理システムなども併せて提供。 クレーム管理や顧客管理などのアプリケーションを簡単な操作で構築できる、かんたんWebデータベース。 マニュアルなどのドキュメントを効率的に作成できるツール。マニュアル制作に特化した多彩な機能群により効率的なマニュアル制作を可能にし、コストと手間を削減する。 小売業のチェーンストアーに特化した店頭画像管理ツール。ビジュアルマーチャンダイジングの強化を目的としており、棚割、店内掲示など成功事例の画像による共有を実現。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024432


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ