NRIセキュア、サーバ機器へのアクセス制御/監査製品を機能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRIセキュア、サーバ機器へのアクセス制御/監査製品を機能強化


掲載日:2008/12/04


News

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は、開発/運用環境から本番環境へアクセスする際のアクセス制御や、ログ取得による監査への対応を可能とするアクセス管理ツール「SecureCube/Access Check」を機能強化し、暗号化された通信の監査を可能としたと、発表した。

 「SecureCube/Access Check」は、開発/運用環境といったアクセス元の環境と監視対象のアクセス先の間に“Access Checkサーバ”を設置し、同サーバを通るプロトコルによってアクセス制御やログの取得を行なう製品。本番サーバへの影響を抑えながら迅速に導入でき、複数システムのアクセス制御/監査を可能とする。本番サーバへアクセスする権限を持つユーザを一元管理し、アクセス制御やアクセスログ(アクセス記録/全文アクセスログ)を取得することができる。また、申請/承認された時間帯のみアクセスを可能とするアクセス申請/承認機能も備えている。

 今回の機能強化では、SSH(Secure SHell)で暗号化された通信内容を、機密性を損なわずに監査者が確認可能となった。なお価格は、1ライセンスあたり485万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 1ライセンス:485万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 アプリケーションの改修なしに「PCI DSS準拠のデータ保護」を実現する方法とは 【日本オラクル】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
アプリケーションの改修なしに「PCI DSS準拠のデータ保護」を実現する方法とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024421


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ