イーディーコントライブ、セキュリティUSBメモリの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イーディーコントライブ、セキュリティUSBメモリの新版を発売


掲載日:2008/12/04


News

 イーディーコントライブ株式会社は、企業向けセキュリティUSBメモリの新版「Container5.0」と「Container管理者ツール5.0」を、12月初旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 今回の新版では、USBメモリに混入するウイルスへの簡易対策や、USBメモリ貸出期限設定などの機能が追加されたほか、暗号化アルゴリズムが256ビットAES(Advanced Encryption Standard)に強化されている。ウイルスへの簡易対策では、ウイルス対策ソフトの有無や更新状況をチェックし、設定されたセキュリティ水準に満たないPCの使用を禁止、または警告して使用させることができる。同機能の利用では年間更新料などの費用は不要となっている。

 パスワード桁数/複雑性/セキュリティロックなど従来の設定項目に加え、USBメモリの部署内管理での貸出期限設定機能が追加された。利用者は、設定された使用期限が過ぎるとUSBメモリを使用不可となり、部署内のUSBメモリ担当に一端返却することが必要となるため、USBメモリの貸出/返却運用を行なう際の業務フローをより厳密に行なうことができる。返却されたUSBメモリは、期限再設定ツール(ユーザ権限で動作)を使用することで期限を再設定でき、都度必要な利用者に貸し出すことができる。また、USBメモリの使用許可PC設定により、社外でのUSBメモリ使用を物理的に禁止し、社外へのデータ持ち出しを抑止することができる。

 遠隔パスワード復旧機能とセキュリティロックの遠隔解除機能を備えた“レスキューツール”(旧称:パスワードリマインダー)では、管理者がレスキューコードを利用者に連絡することで利用者がロック解除とパスワード再設定を同時に行なうことが可能となった。これにより、利便性が向上したほか、パスワード自体の連絡が不要となり、セキュリティレベルが向上した。同ツールはユーザ権限でも利用することができる。

 工場出荷時のポリシー設定作業代行や資産管理番号シール貼付など、企業への導入サポートも提供される。なお、USBメモリの容量は512MB/1GB/2GB/4GBが用意されており、8GBにも受注生産で対応する。


出荷日・発売日 2008年12月上旬 発売
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024420


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ