フラグシップテクノロジーズ、統合メールセキュリティなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フラグシップテクノロジーズ、統合メールセキュリティなどを出荷


掲載日:2008/12/04


News

 株式会社フラグシップテクノロジーズは、米Alt-N Technologiesの統合メールセキュリティソフトウェア「Security Gateway for Exchange/SMTP servers」と、アンチウイルス/アンチスパム用プラグイン「Protection Plus」の日本語版を、出荷した。

 「SecurityGateway for Exchange/SMTP」は、Exchangeサーバや既存のSMTP対応メールサーバの環境を変更せずに、メールフィルタリングなど複数のセキュリティ機能と、送受信メールのレポーティング機能を提供する製品。アンチスパム/アンチウイルス/アンチスプーフィング(送信元IPアドレスの詐称により内部ネットワークに侵入する“IPスプーフィング”を防ぐ機能)/迷惑メール対策といった機能を搭載し、様々な角度からメールサーバを保護する。簡素に分類された管理画面により、少ない操作で設定を行なうことができ、エンドユーザは管理者への連絡不要でメールの配送状況を確認できるため、管理者の負荷を軽減することができる。

 包括的なリアルタイムレポートを使用することで、トラフィックの状態や潜在的な問題も容易に特定することができる。すべてのレポートは、ポイント&クリックでのドリルダウン(掘り下げ)に対応しているため、迅速/容易に目的の情報へたどり着くことができる。また、精度に優れた検出技術により、スパムメール検出率は99%以上、誤検知率はほぼ0%を達成している。処理した送受信メールの分析結果に応じて柔軟に特定のセキュリティ機能を適用するように優先度を設定できる機能により、メールを初期段階で処理でき、処理速度を向上させている。

 なお価格は、10ユーザで5万2500円、1万ユーザで180万6000円(いずれも税込)などとなっており、1年を目途にアプライアンスでの提供も予定されている。


出荷日・発売日 2008年12月4日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 感染前提のマルウェア対策、VDIの次の仮想化セキュリティは? 【ヴイエムウェア】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 「VDI+セキュリティ製品」でも防御は不完全……何が足りない? 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024413


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ