サイバートラスト、鍵長2048ビットのEV SSL証明書を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバートラスト、鍵長2048ビットのEV SSL証明書を発売


掲載日:2008/12/03


News

 サイバートラスト株式会社は、2048ビットの鍵長を備えたEV SSL(強化認証SSL)証明書「SureServer EV[2048bit]」を、発売した。

 「SureServer EV」は、世界の主要な電子認証局(CA)とブラウザベンダ計22社2団体によって設立された“CA/Browserフォーラム”が定めた世界統一規格で発行されるSSLサーバ証明書。Windows VistaのInternet Explorer 7ではアドレスバーが緑色に変化するといった方法で、ユーザが容易にWebサイトの安全性を確認することができる。

 今回発売されたEV SSL証明書は、暗号強度に優れた2048ビット版SSLサーバ証明書ながら、携帯電話のカバレッジ(対応範囲)を利用率ベースで約99%(富士フイルムイメージテック株式会社調べ)という優れた水準に維持している。また、複数のSSLサーバ証明書の有効期間合わせや、事前審査によりユーザ自身がSSLサーバ証明書を発行できる管理ツール「SureHandsOn」など、各種付加サービスも提供される。なお価格は、有効期間1年で15万7500円、2年で28万9800円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2008年12月1日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 AXIOLE 【ネットスプリング】 指ハイブリッド認証 【NEC】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】
認証 認証 認証 認証 認証
ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024412


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ