IBE-NT、デバイスやI/Fを制御して情報漏洩を防ぐソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBE-NT、デバイスやI/Fを制御して情報漏洩を防ぐソフトを出荷


掲載日:2008/12/03


News

 株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイム(IBE-NT)は、クライアントPCからの情報漏洩対策ソフト「ARCACLAVIS Police」(アルカクラヴィス ポリス)を、出荷した。

 「ポリス」は、クライアントPCに対するポリシー設定により、様々な形での情報漏洩を防止するソフト。一般業務で不要なデバイスやインターフェースを容易に制御することができる。外部デバイス制御(USBメモリ/CD-ROM/プリンター制御など)や使用アプリケーション制御(ホワイトリスト/ブラックリストによる制御など)、デスクトップ制御(スタートメニュー/デスクトップアイコンの制御など)、ネットワーク制御(接続許可ネットワーク/接続許可ポート制御など)が可能となっている。また、利用者が不正利用した時は管理者へメールでアラート通知することができる。

 Active Directory(Windowsに搭載されているディレクトリサービス)がある環境では、グループポリシーによる一元管理が可能なほか、Active Directoryの“ソフトウェアの配布機能”でクライアントPCへ同ソフトをインストールすることもできる。Active Directoryがない環境でも、同ソフトが提供する専用ツールを利用することでポリシーファイルを作成でき、クライアントPCへのインストール時に適用させることもできる。なお参考価格は、クライアントライセンス10式分を含む基本パッケージが8万円、追加クライアントライセンスが5500円から(いずれも初年度保守費を含む)で、追加クライアントライセンスにはボリュームディスカウントも用意されている。


出荷日・発売日 2008年12月1日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 【アシスト】 ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? 【アシスト】 行動分析ソリューション「察知くん-G」 【ギガ+他】 サイバー攻撃対応BCPソリューション 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? 企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不正につながる従業員の行動(リスク行動)をAIが検知し、アラート・分析レポートを提供する。 サイバー攻撃に特化したBCPの計画・実施・運用・復旧計画までサポート。セキュリティ専任のコンサルタントが脅威分析から行動基準の策定まで支援する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024407


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ