B-Com、“攻めの営業”の支援を強化したWeb CRMの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


B-Com、“攻めの営業”の支援を強化したWeb CRMの新版を提供


掲載日:2008/12/03


News

 株式会社ベストコミュニケーションズは、汎用的なデータ連携機能を備えたWeb CRM(顧客管理システム)「e顧客」で、“攻めの営業”を支援する機能を強化した新バージョンの提供を、開始した。ソースプログラムと設計資料を提供するソリューションパッケージと、SaaS(software as a service)方式での提供が用意されている。

 「e顧客」は、各ベンダの業務システムや各種アプリケーションなどと連携させ、汎用的に項目の過不足や整合性を補いながら情報マスタを構築/管理するシステム。事業拡大などにともなって業務システムを入れ替える際でも、マスタ情報を横断的に扱うことができる。また、Webブラウザ/携帯電話ブラウザを使用して、データ単位の権限に合わせた利用が可能なため、顧客情報をネットワーク経由で一元管理でき、情報紛失のリスクを低減させることができる。顧客管理や名刺管理、挨拶状/贈答管理、契約管理、会員管理、見込客管理などに利用することができる。

 今回の新バージョンでは、ユーザが独自に管理したい項目を容易に拡張できる“自由項目”を使用し、携帯電話ブラウザから営業折衝記録などを入力可能としたことで、直行/直帰を支援する。また、フリーワードによる全文検索“クイック検索”と、同じ検索をクリックで再実行できる“スマート検索”を全ページから利用可能となった。詳細の検索条件入力ページでは、データの作成日や最終更新日を範囲で指定できるなどのオプションが追加された。更に、検索結果一覧ページからその検索条件をデータ書き出し設定やメール一括送信設定などに流用するための機能も追加された。

 顧客を抽出する検索条件を指定し、設定したメールを一括送付することができる。顧客ごとに送信され、本文に顧客名が自動で付与される。同じく条件を指定し、該当する顧客のラベルをブラウザに表示することもできる。ラベルは4種類から選択でき、サイズやフォントなどの設定も可能となっている。また、データ読み込みが従来の約2分の1の時間で処理可能となった。処理終了時には結果がメールで送信される。

 これらにより、例えばあらかじめ絞り込んだ営業ターゲットへのメール/DMの一括送付や、そのリストの常時呼び出し、営業後の折衝記録への入力によるリストの自動消し込み、といった一連の流れの中で営業活動を効率化することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 【セールスフォース・ドットコム】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 高成長率のSaaSビジネスを実現した「11のトピック」 【セールスフォース・ドットコム】 モバイルでも実店舗でも、一貫した顧客体験を提供するための「3つの戦略」 【日本ライフレイ】 サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? 【日本ライフレイ】
CRM CRM CRM CRM CRM
カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 高成長率のSaaSビジネスを実現した「11のトピック」 モバイルでも実店舗でも、一貫した顧客体験を提供するための「3つの戦略」 サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには?

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024402


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ