dit、「Linux on IBM System z」対応の通信ソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、「Linux on IBM System z」対応の通信ソフトウェアを発売


掲載日:2008/11/28


News

 株式会社ディアイティは、通信ソフトウェア「SSH Tectia」シリーズで、IBMメインフレーム向けOS「Linux on IBM System z」に対応した「SSH Tectia Server for Linux on IBM System z」を、12月1日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「SSH Tectia」シリーズは、SSH(Secure SHell)プロトコルの開発元であるフィンランドSSHコミュニケーションズ・セキュリティ社が商用版として販売する通信ソフトウェア。米国政府機関のセキュリティ製品調達要件“FIPS(米連邦政府情報処理規格)140-2”の認定を取得している。今回発売される「SSH Tectia Server for Linux on IBM System z」は、ネイティブや仮想化環境で動作する「Linux on IBM System z」上でのデータ暗号化や安全なファイル転送機能の利用を可能とする。

 WindowsやUNIX、Linux、IBM z/OSに加え「Linux on IBM System z」に対応したことで、様々なOSや仮想化環境が混在する企業のIT環境で、安全なファイル転送/データ通信環境を構築することができる。また、現状のインフラやアプリケーション構成を変更せずに導入でき、費用対効果に優れている。


出荷日・発売日 2008年12月1日 発売
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024354


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ