EPSON、給与計算/法定調書作成ソフトを2008年度年末調整に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、給与計算/法定調書作成ソフトを2008年度年末調整に対応


掲載日:2008/11/27


News

 エプソン販売株式会社は、給与計算ソフト「給与応援Super/Lite」と法定調書作成ソフト「法定調書顧問」の2008年度年末調整対応版を、11月28日より順次発売する。

 「給与応援」は、基本的な給与計算に加え法定調書/社会保険まで対応した給与計算ソフト。一般企業/会計事務所向けの「給与応援Super」と、小規模法人や個人事業主向けの「給与応援Lite」が用意されている。「法定調書顧問」は、年末調整と法定調書に特化したソフトで、年末調整の各種控除を自動判定し、源泉徴収簿や総括表を迅速に作成することができる。「給与応援Super/Lite」とのデータ連動も可能となっている。

 今回の年末調整対応版では、法改正にともない、社会保険帳票(健康保険/厚生年金保険の月額変更届や被保険者資格取得届など)の様式変更に対応したほか、源泉徴収簿では年調年税額の金額欄に“100円未満切捨て”を追加するなどの様式変更に対応した。また、“年末調整チェックリスト”/“年末調整結果リスト”(新帳票)で、選択した項目のみを印刷する“表印刷”機能に対応した。設定した情報は“表印刷パターン”として複数保存でき、パターンを切り替えて印刷できるほか、パターンのバックアップ/リストアにより、他のマシンでも同様にカスタマイズされた状態で帳票を出力することができる。「給与応援Super/Lite」では“支給控除一覧表”も同機能に対応している。

 “保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書”の出力と記入内容の入力、“住宅借入金等特別税額控除申告書(住民税)”(給与収入のみを有しており確定申告書を提出しない納税者用)の出力に対応した。「給与応援Super/Lite」では、甲欄所得税の計算方法で、従来の“電子計算機を使用して算出する方法”に加え、“月額表”でも求めることが可能となった。“算定基礎賃金集計表”を月ごと上書き入力することも可能となった。「給与応援Super」では、年末調整帳票の合併(合算)機能が追加され、月々の給与計算を本店と支店で会社データを分けて処理している場合でも、年末のみ合算して最終的に1社として年末調整処理を行なうことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

定量と定性の両輪で正しく評価、企業も従業員も納得する人事評価の理想形とは? 【SAPジャパン】 「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術 【ミロク情報サービス】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 マネジャーが日々意識すべき、部下の貢献意欲を引き出す「7つのヒント」とは? 【SAPジャパン】 業績を左右する人材開発、企業の将来を支えるタレントマネジメントの在り方とは 【SAPジャパン】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
定量と定性の両輪で正しく評価、企業も従業員も納得する人事評価の理想形とは? 「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザーニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
マネジャーが日々意識すべき、部下の貢献意欲を引き出す「7つのヒント」とは? 業績を左右する人材開発、企業の将来を支えるタレントマネジメントの在り方とは

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024340


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ