NTTデータ、DWH構築やBIツール導入を支援するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、DWH構築やBIツール導入を支援するサービスを提供


掲載日:2008/11/27


News

 株式会社NTTデータは、DWH(データウェアハウス)構築やBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの導入を検討しているユーザ向けに、性能検証や実データを用いたデモによりシステム構築前後のギャップの解消を図り、適切なBIシステムの導入を支援するサービス「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」の提供を、開始した。

 「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」は、同社のITグランドデザインから業務コンサルティングまでのコンサルティングノウハウと、優れた情報分析技術/方式技術を組み合わせたサービス。日本オラクル株式会社/日本ビジネスオブジェクツ株式会社/マイクロストラテジー・ジャパン株式会社/コグノス株式会社といったベンダ各社の協力のもと、OLAP(Online Analytical Processing)やデータマイニングなど様々なBIツールが用意されている。規模や機能/性能要件、レポート要件に基づきツールを比較し、適切なツール選定を支援することができる。

 ユーザの実データを用いたBIシステムのデモを作成し、システム構築前後の利用イメージのギャップの解消を図るほか、簡易なDWHを構築し、分析目的に適したデータモデルを定義する。また、KPI(重要業績達成指標)管理や業務の“見える化”による経営課題の洗い出し/原因分析など、OLAPツールによる集計/分析をベースとしたコンサルティングを実施する。

 DWHや各種BIツールの性能を検証し、ユーザの要求レベルに合わせたハードウェア/ソフトウエア構成の検討を支援する。また、生産計画や販売/在庫管理、経営管理、顧客管理、マーケティングなど、既存の事例をもとに作成したデータモデル/分析レポートのテンプレートが提供されるため、効率的にデータモデルや分析レポートを作成することができる。これらにより、情報基盤構築から情報分析活用のコンサルティングまで、BIシステムの円滑な導入を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 OfficeソフトのようなBIツールで「情シス依存」を解消! 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 LaKeel BI 【レジェンド・アプリケーションズ】
BI BI BI BI BI
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
分析作業を「1日から1時間」に短縮 日立グループのBI導入事例

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024337


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ