e-Broad、約1万4000APで使用できる公衆無線LANサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


e-Broad、約1万4000APで使用できる公衆無線LANサービスを提供


掲載日:2008/11/26


News

 イーブロードコミュニケーションズ株式会社は、約1万4000アクセスポイント(AP)で使用できる公衆無線LAN接続サービス「e-Broad wireless」の提供を、開始した。

 「e-Broad Wireless」は、NTT東日本/NTT西日本の「フレッツスポット」や、ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」、ライブドアの「livedoor wireless」の全国各地に敷設されている無線LANエリア計約1万2000アクセスポイントでの接続サービスを利用できる公衆無線LAN接続サービス。PCをつないで簡便にインターネットやメールの送受信を利用できるほか、「e-Broad wireless」の契約のみで、「フレッツスポット」/「BBモバイルポイント」/「livedoor wireless」などの公衆無線LANエリアで最大54Mbpsの通信を行なうことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

高等教育機関はなぜWi-Fi導入で失敗するのか? 【ラッカスワイヤレスジャパン】 東京女子大学、いつでも安定した無線LANで学習や就職活動を支援 【ラッカスワイヤレスジャパン】 アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 SonicPoint 【丸紅情報システムズ】 無線LANの基礎知識――企業に最適なネットワークを探る 【KDDI】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
高等教育機関はなぜWi-Fi導入で失敗するのか? 東京女子大学、いつでも安定した無線LANで学習や就職活動を支援 アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 セキュリティ対策フル装備のUTM「SonicWALL」をコントローラにしてAPを一元管理できる無線LANソリューション。不許可Wi-Fiの遮断、標的型攻撃対策にも有効。 すぐ読めてすぐ分かる! 無線LANの基礎知識

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024325


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ