バッファロー、暗号化USBメモリに16GBを追加、管理ソフトも強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、暗号化USBメモリに16GBを追加、管理ソフトも強化


掲載日:2008/11/26


News

 株式会社バッファローは、自動暗号化機能/パスワード認証機能を搭載したセキュリティUSBメモリ「RUF2-HSCW」シリーズに、容量16GBのモデル「RUF2-HSC16GW」を追加し、11月下旬より出荷する。価格は、2万8800円となっている。

 「RUF2-HSC16GW」は、256ビットAES(Advanced Encryption Standard)暗号化方式を備えたUSBメモリ。アクセスする際にはパスワード認証が必要で、正しいパスワードを入力することで初めてアクセス可能となる。保存データはすべて強制的に暗号化され、解体してのサルベージ(データ復元)も不能なため、盗難/紛失時でもシステム管理者/利用者双方に対する安全性を備えている。

 また同社は、「RUF2-HSCW」シリーズの対応OSにMac OS X/Windows Server 2008/Windows XP(64ビット)を追加したほか、システム管理者向けUSBメモリ管理設定ソフトウェア「SecureLock Manager」(有償版)を「Ver 1.61」にバージョンアップし、ダウンロード提供を開始した。

 「Ver 1.61」では、USBメモリ内のアプリケーション自動起動機能が追加され、USBメモリの認証後、指定したアプリケーションを自動的に起動させることが可能となった。これにより、普段利用する業務専用アプリケーションなどの利用時に起動の手間を省くことができる。また、“パスワード遠隔復元機能”が追加され、利用者がパスワードを忘れた場合も、システム管理者にパスワード復元ファイルをメール送信することで、管理者側でパスワード復元ファイルとマスタキーファイルを使用してパスワードを確認でき、メール/電話でパスワードを連絡することが可能となった。


出荷日・発売日 −−−
価格 「RUF2-HSC16GW」:2万8800円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024317


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ