NTT東西、FAX宛先2回入力機能を備えた中小向けカラー複合機発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東西、FAX宛先2回入力機能を備えた中小向けカラー複合機発売


掲載日:2008/11/19


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、中小規模事業所向けに、FAX誤送信を低減する“宛先2回入力機能”を標準搭載し、カラー印刷速度を向上させたカラーデジタル複合機「OFISTAR H7150C」を、発売した。価格は、155万円となっている。

 「OFISTAR H7150C」は、幅666mm×奥行き781mm×高さ1143mmで、前モデルに比べ突起部を含む設置スペースを約23%縮小したカラー複合機。毎分カラー16枚/モノクロ22枚(A4ヨコ)の印刷が可能で、原稿をセットしてスタートボタンを押してからカラー10.4秒/モノクロ7.7秒で最初のコピーを出力することができる。FAX送信時に宛先を2回入力させる設定が可能で、1度宛先を入力したのちに再入力画面が表示され、両方の入力が一致した場合のみ送信を行なうことで誤送信を低減することができる。

 最大A3対応のネットワークスキャナ機能を備え、自動原稿送り装置を利用して、毎分カラー43枚/モノクロ50枚(A4ヨコ)で文書を取り込むことができる。また、LANに接続されたPCなどの機器から直接FAX送信できるほか、オプションの文書管理ソフトウェアにより、電子文書やスキャナで取り込んだ紙文書データの一括管理が可能なため、オフィスのペーパーレス化を図ることができる。


出荷日・発売日 2008年11月18日 発売
価格 155万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024261


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ