コベリティ、ソフトの出荷品質検証ツールと構造解析ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コベリティ、ソフトの出荷品質検証ツールと構造解析ツールを発売


掲載日:2008/11/19


News

 コベリティ日本支社は、ソフトウェア開発者がリリース後に不具合が生じるリスクを出荷前に特定可能とする出荷品質検証ツール「Coverity Software Readiness Manager for Java」と、開発チーム全体でのアプリケーションアーキテクチャの整合性確保を図る構造解析ツール「Coverity Architecture Analyzer」を、発売した。

 「Software Readiness Manager」は、同社の静的解析ツール「Coverity Prevent」などの複数ソースからの基本的なデータを組み合わせ、重要なソースコードの出荷品質検証を客観的に行なう出荷品質検証ツール。汎用性に優れたダッシュボードに加え詳細なドリルダウン機能も用意され、ソフトウェアの品質と保守性をリリース前に客観的に評価することができる。また、外部委託やオープンソース化、吸収合併、再利用されたソースコードなど、品質が不明なソースコードを即座に把握することもできる。

 不具合発生のリスクが最も高いコードブランチ(分岐)を特定し、優先順位を付け、修正を指示することも可能となる。更に、コードの複雑性や、ベストプラクティスの違反、アーキテクチャの整合性、相互依存関係、テストカバレッジ(網羅率)などに関する詳しい情報も表示される。これらにより開発チームは、品質基準を満たす整合性に優れたコードを提供可能となり、業務目標に沿った製品開発を実施可能となる。

 「Architecture Analyzer」は、ソフトウェアシステムの複雑さと依存関係を解析し、クラッシュの原因となる欠陥やセキュリティの脆弱性を特定する構造解析ツール。C/C++/Javaのソースコード上で階層と依存関係を自動的にマッピングし、この可視化と制御により、開発チームが潜在的な欠陥を検出してソースコード変更個所が元の設計仕様に一致していることを確認可能とする。WebベースのインターフェースとJava向けの統合開発環境プラグインをサポートしているため、開発チームはソースコードを調べてアーキテクチャの精度を確認し、依存関係の問題点を修正し、複雑度の限度を設定することができる。

 なお、1年間のサポートを含む年間ライセンス価格は、50万行のコードに対し、「Software Readiness Manager」が110万円、「Architecture Analyzer」が88万円となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

WebアプリケーションUIテスト自動化ツール Developer Caretaker 【NDIソリューションズ】
テストツール
WebアプリケーションのUIテストに特化したシンプルな自動化ツール。テストの自動化による継続的な品質マネジメントで、テストや管理の効率化、品質の均質化を実現できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024255


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ