グローバルサイン、SSLサーバ証明書のイントラネット対応を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グローバルサイン、SSLサーバ証明書のイントラネット対応を強化


掲載日:2008/11/18


News

 グローバルサイン株式会社は、SSLサーバ証明書の「イントラネットオプション」で、イントラネット名の自在な追加/削除を可能とし、提供を開始した。

 「イントラネットオプション」は、企業内/学内ネットワークなど、イントラネット環境でのSSL暗号化通信を可能とする。イントラネットでのローカルな名前空間やWindowsコンピュータ名などの名前をSSLサーバ証明書の別名にそのまま指定でき、1枚のSSLサーバ証明書で外向けのグローバルなコモンネーム(FQDN)とイントラネット向けのコンピュータ名での共用が可能となっている。例えば、コモンネーム“www.globalsign.com”に対して発行されたSSLサーバ証明書に“server01”といったローカルネットワーク内のコンピュータ名を別名として設定することができる。

 今回の強化では、イントラネット名の追加/削除時に、対応するSSLサーバ証明書を改めて発行可能とした。時を問わずイントラネット名を追加/削除でき、新しい証明書を入手できるため、ネットワーク構成変更に柔軟に対応することができる。なお、この追加/削除に対応した証明書の再発行は「企業認証SSL」と「EV SSL」で利用でき、「クイック認証SSL」には未対応となっている。また、別名登録ごとにオプション費用が発生する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 脅威対策をAWSに最適化、クックパッドに学ぶ包括的な保護のポイント 【トレンドマイクロ】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 手のひら静脈認証ソリューション BioPassport 【NTTテクノクロス】 物理環境並みのセキュリティをパブリック/ハイブリッドクラウドで実現するには 【ジュニパーネットワークス】
認証 認証 認証 認証 認証
Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? 脅威対策をAWSに最適化、クックパッドに学ぶ包括的な保護のポイント ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。 物理環境並みのセキュリティをパブリック/ハイブリッドクラウドで実現するには

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024246


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ