提携:大塚商会、2重の冗長性を備えたバックアップパックを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:大塚商会、2重の冗長性を備えたバックアップパックを発売


掲載日:2008/11/18


News

 株式会社大塚商会は、株式会社アイ・オー・データ機器と協業し、中小企業向けのデータバックアップソリューションとして、障害発生時にサーバを切り替えることで迅速にデータを復旧できるファイルサーバパッケージ「TWIN NAS 1TBパック」を、11月20日より発売する。価格は、120万円となっている。

 「TWIN NAS 1TBパック」は、アイ・オー・データが同パック専用に開発した1TBのファイルサーバ「LAN DISK HDLM-G1.0WIN」2台と、両社が共同開発した、大容量データを夜間に複製できるバックアップソフトウェア「Sync with Backup for BFS」、導入設置サービスで構成されている。

 ファイルサーバ本体に搭載された2本のHDDに対しデータを同時に書き込むミラーリングを行なうことで、一方のHDDが故障しても他方のHDDからデータを復旧することができる。また、1日1回、ミラーリングされたデータをもう1台のファイルサーバに対して差分バックアップを行ない、2重の冗長性を確保する。これにより、1台のファイルサーバに障害が発生した際にも、容易な操作で2台目のファイルサーバに運用を切り替えて業務を再開でき、ダウンタイムを抑えることができる。

 ファイルサーバにはWindows Storage Server 2003 R2 Workgroup Editionがプリインストールされており、既存のWindowsネットワークへ容易に導入することができる。電源投入状態でHDDを交換できる“ホットスワップ”にも対応している。導入設置サービスでは、大塚商会の技術者が機器の設置やソフトウェアの設定などを行なう。更に、保守サービス「たよれーる」メニューを別途利用することで、専任の技術者が不在の中小企業でもファイルサーバ運用の継続を可能とする。


出荷日・発売日 2008年11月20日 発売
価格 120万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024240


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ